2008年05月06日

子どもの数が27年連続で減少

15歳未満の子どもの数が27年連続で減少したそうです。
これは1950年に統計を取り始めて以来、最低の数字だとか。

総務省の人口推計が発表によると、
平成20年4月1日現在の15歳未満の子どもの数は
前年から13万人減少した1725万人となったそうです。

現在日本女性の生涯出生率は1.3で
現在の人口を維持するには2.07の出生率が必要なんだそうです。
このまま少子化傾向が続けば、日本の労働人口は2050年までに
現在の3分の2の4228万人にまで落ち込むらしいです。

少子化少子化といいながら警告はしてるけど
あまり赤ちゃんを産める環境ではないですよね。
実際問題産科医が不足していて産科がなくなっていってるし
出産難民なんて言葉もでてきたじゃないですか?
これじゃ安心して産むことはできませんよね。


ここで産みたい!東京(2008〜2009)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。