2008年08月29日

柳楽優弥に何があった?薬大量服用で急性薬物中毒で病院に搬送

平成16年公開の映画「誰も知らない」に14歳で
主役を演じ、第57回カンヌ国際映画祭で
日本人初の最優秀主演男優賞を史上最年少で
受賞した柳楽優弥さんが29日午前2時20分ごろ病院に搬送。

原因は薬を大量に服用したため、
急性薬物中毒になったためだとか。

命には別状ないそうです。
よかったですよね。

薬を大量に服用したってことは
自殺を図ろうとしたってことなんでしょうか?

ということは何か悩みがあったんでしょうかね?
なんか柳楽優弥さんの演技が批判されてる
ってこと週刊誌かなんにか書いてあったよ
って母が言っていたんですが
演技のことが原因なんでしょうかね?
それとも他に何か悩み事があったんでしょうか?

柳楽優弥さんってなんか意志の強そうな感じがしていたので
ちょっと今回のことはびっくりです。

ほんと何があったのかなぁ?







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000960-san-soci
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105700257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。