2007年02月14日

『プリンセス・マサコ』著者に政府が抗議文

 オーストラリア紙の元東京特派員が皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた著作「プリンセス・マサコ」(英語版)について、外務省は13日、「事実無根の記述があり、読者に誤解を与える」として、政府が12日に現地の大使を通じ著者や出版社に抗議し、謝罪と訂正などを求める文書を手渡したと発表した。
 天皇陛下の側近トップである宮内庁の渡辺允侍従長名の著者への質問状も同時に手渡した。大使は豪政府幹部にも懸念を伝える異例の対応を取ったという。
 抗議文は、両陛下の言動や雅子さまの体調、愛子さまの誕生などについての記述を事実無根、非礼と指摘し「実態と乖離(かいり)した皇室像を描いていることに政府として看過することはできない」と強調している。
 侍従長名の質問状は、著作で「皇室がハンセン病問題に取り組むことはあり得ない」と断定していることに反論。両陛下がこれまでハンセン病療養所をはじめ多くの福祉施設を訪れ、関係者を激励していたことを挙げ、見解をただしている。
 外務省によると、著者側は「特に問題があると考えていないが、今後の対応については検討したい」と回答したという。
(『プリンセス・マサコ』著者に政府が抗議文「事実無根、誤解与える」 izaより引用)

どんな内容が書かれているのかちょっと気になりますね。





皇后美智子さまと雅子妃平民妃10年の苦闘

この記事へのコメント
はじめまして,
(あちこちのサイトに伺っていて,もしかしたら前に別HNを名乗ったかもしれませんがそうでしたらお忘れください)
私は雅子妃殿下の有り様に皇室の将来を憂うものです.よろしくお願いいたします.

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list
Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年02月17日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33627792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

プリンセス・マサコ
Excerpt: よくわかりませんが、プリンセス・マサコという本が外国で出版されていたみたいです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070216-00000512-yom-..
Weblog: ニュース - Le Petit Royaume
Tracked: 2007-02-21 00:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。