2007年08月05日

4000年前のビール“復刻”

約4000年前のエジプトで飲まれていた
古代ビールの“復刻版”が今月中旬、いよいよ販売されるらしい。

黄桜(京都市伏見区)と京都大、早稲田大が共同開発した
ホワイトナイル」という名前のビール。
当時の原料とされる古代エジプトでアルコール飲料の原料に
用いられていた「エンマー小麦」の量産に成功し、
商品化されたそうです。
これまでの「ホワイトナイル」は通常の小麦
(近縁種の「デュラム小麦」で代用していたそうです)
を使って「古代風」の商品を販売してしたそうです。

ホワイトナイルって飲んだことないですが
4000年前のエジプトで飲まれていたビールって
どんな味がするのか飲んでみたいですね。

発売したら買って飲んでみたい♪
できれば前のホワイトナイルと今度発売されるホワイトナイル
味比べというのもやってみたいな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50411106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。