2007年10月29日

11月15日解禁、ボジョレ・ヌーボー

ボジョレ・ヌーボーといえば赤ワインというイメージ
(私だけ?)ですが
今年はロゼがひそかに人気があるそうです。

ボジョレ・ヌーボーのロゼ飲んだことないです。
今年はボジョレ・ヌーボーのロゼ飲んでみようかな?





ボジョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)といえば赤ワインだが、今年はロゼがひそかな人気だという。フランスのワイン醸造業者団体ボージョレーワイン委員会(Inter Beaujolais)が24日、発表した。

 フランス国内外ですっかりおなじみとなったボジョレ・ヌーボーの今年の解禁日は11月15日。例年にくらべ、今年はロゼの出荷予定量が急増したという。

 同委員会の広報担当者によると、ロゼのボジョレ・ヌーボーへの需要が高まったのは日本からだという。日本は世界最大のボジョレ・ヌーボー消費国で、2006年には史上最多となる1100万本を輸入した。一般的にはビールや日本酒の消費量がワインを上回るが、ボジョレ・ヌーボーは季節ものとして、一流レストランだけでなくコンビニエンスストアでも扱われるほどの人気だ。

「フランスでもロゼが流行していて、ワイン市場でも珍しい成長部門となっている。そのため今年はロゼのボジョレ・ヌーボーに挑戦した」(広報担当者)

 赤ワインと同じガメイというブドウ品種を使ったロゼワイン約40万本が出荷される。それでも赤ワインの5000万本に比べたら大河の一滴に過ぎない。

 2006年のボジョレ・ヌーボーは、日本を筆頭にドイツで320万本、米国で280万本など、約半数が国外に輸出された。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。