2008年04月22日

光市母子殺害事件判決下る

光市母子殺害事件の差し戻し裁判の判決が下りました。

元少年には死刑という判決がでました。

望む判決でたからって亡くなった人は戻らないし
悲しみは消えるわけではないけど
本村さんら遺族の人たち、少しは報われたんじゃないでしょうかね?
今までとても辛かったと思います。


この事件は1999年に起こった事件ですから
今は2008年ということで9年間ですか

で最後の差し戻し裁判が
あのびっくりするような供述。
元少年側には弁護団がついて
「ドラえもんがなんとかしてくれると思った」
なんていう仰天な発言も。

これでよかったんでしょうかね元少年は。
そんな裁判でよかったんでしょうかね?



これから裁判員制度が始まるけど
どんな感じになるんでしょうね?
判決を下すのって人の人生左右するものでしょ?
判決下るまで長いので早く処理するために
焦点絞って裁判で争ったりするんですよね?
それって裁判自体は早く処理できるようになるかもしれないけど
どうなんだろうね?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。