2008年02月09日

一色紗英反則切符への署名を拒否していた

女優の一色紗英(いっしきさえ)さんが
路上で携帯電話をかけながら乗用車を運転、
交通違反の取り締まりを受けたというので
なんだそんなことって思ったんですが

また違うニュースで読んだ時に
反則切符への署名を拒否したらしいことがかかれてあって
びっくり。
「かかってきた電話を(同乗の)子供が取ってしまい、
それを受け取っただけ」という理由で拒否したらしいです。

もう1つえ〜?ということが
一色紗英(いっしきさえ)さんは最近3年間で
スピード違反や駐車違反など複数回の違反があり、
免許停止処分を受けていたそうです。

これを聞くと
「かかってきた電話を(同乗の)子供が取ってしまい、
それを受け取っただけ」
という理由もなんか怪しい感じがしますよね。
もし違って子どものせいにしているんだったら
ちょとひどいですね。

2008年02月08日

倖田來未テレビで涙の謝罪

歌手の倖田來未さんが、
ニッポン放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」で
「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」
と発言したことに対して
7日夕放送のフジテレビ系「スーパーニュース」に緊急出演し、
「軽率だった」と涙を流しながら謝罪。




「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」の発言が
ニューアルバム「Kingdom」のプロモーション活動の自粛に
倖田來未さんが出演する7日に放送する予定だった
テレビ朝日系「徹子の部屋」の7日放送分を延期や
倖田來未さん出演CM「氷結」のオンエア中止
倖田來未さんがイメージキャラクターを務める
化粧品大手のコーセー「VISEE」ブランドのサイト休止
とすごいことになってしまって
本人もきっとこんなに騒ぎになるとは思ってなかったと思います。

倖田來未さんの謝罪動画で見ましたが
本当に羊水が腐ってくるかどうかを
ネットで調べたということ言っていって
そんなことはかかれていなかったと語っていたことに
ちょっと驚いてしましました。

2008年02月05日

チャン・グンソク、男性化粧品「ETUDE-BLACK 'N JEAN」のお披露目パーティーに出席

チャン・グンソク (≧ω≦)b
さわやか☆

「着信あり」のシリーズ第2作目で
韓国人学生役で出演してたんですね。
知らなかった。


男性化粧品「ETUDE-BLACK 'N JEAN」のCM挿入曲『Black Engine』とそのミュージックビデオで、ネチズン(ネット愛好者)からの人気を独占している俳優のチャン・グンソク(Jang Keun-Suk)が、同ブランドのお披露目パーティーに出席し、イベントを盛り上げた。

 2月1日午後、ソウル狎鴎亭(アックジョン)のクラブにて、同ブランドのお披露目パーティーが行なわれた。パーティーには、専属モデルとして活動中のチャン・グンソクのほか、歌手のフィソン(Whee-Sung)がゲストとして出席し、同ブランドの門出を祝った。

 一方、JYPのパク・ジニョン(Park Jin-Young)が作詞作曲を手掛けて話題になっている挿入曲は、同ブランドがPRのために作ったもの。繰り返しが多く、思わず口ずさんでしまうリズムに、チャン・グンソクのアンニュイなボーカルが耳を刺激する。

 現在、チャン・グンソクは、KBS2TVのドラマ『快刀 洪吉童』に出演している。また、日本の漫画を原作とした映画『赤ちゃんと僕』の主人公にキャスティングされ、今夏の公開を目指して撮影の真っ最中だ。

2008年02月02日

倖田來未「35(歳)ぐらいまわると、羊水腐る」発言

歌手の倖田來未さんが問題発言!?

1月30日放送された
ニッポン放送の「倖田來未のオールナイトニッポン」で
女性の出産に関連して
「35(歳)ぐらいまわると、
お母さんの羊水が腐ってくるんですね、本当に」
と発言したことが問題に

倖田來未さんは自身のホームページで謝罪したそうですが
その発言はどうかな
35すぎたら羊水腐るって
どんな感じのトークだったんでしょうね

化粧品大手のコーセーが「VISEE」ブランドのサイトを休止
したらしいです。
かなりのイメージダウンじゃないでしょうか?

どこだったかのニュースで『倖田來未離れ』が
始まったみたいなこと書かれてましたよ。

スマップ中居くん(中居正広)との交際や結婚系
ニュースも話題にならなくなるかもしれないですね。

倖田來未さんとスマップ中居くん
ってほんとに交際してるんでしょうかね??


2008年02月01日

『エルム街の悪夢』殺人鬼フレディがスクリーンに復活?

へぇ、もう24年も経つんですか
というのはこれ『エルム街の悪夢』
シリーズ第1作が公開されてから24年経ってる
『エルム街の悪夢』子どもの頃見たときは怖かった(笑)

もしかしたらまたスクリーンに戻ってくるかもしれないらしいです。
『13日の金曜日』のジェイソン・ボーヒーズを題材にした
新作も制作する予定らしいですよ。
今度はどんな物語になるんでしょうかね?



シリーズ第1作『エルム街の悪夢(A Nightmare on Elm Street)』が公開されてから24年、殺人鬼フレディ・クルーガー(Freddy Krueger)がスクリーンに帰ってくるかもしれない。エンターテイメント情報誌バラエティ(Variety)が30日に報じた。

 同誌の報道によれば、ニューライン・シネマ(New Line Cinema)とプラチナ・デューンズ(Platinum Dunes)が、フレディを題材にした新シリーズ制作の話し合いに入っているという。

 十代の少年少女の夢に出現し彼らを殺していくフレディは、ウェス・クレイヴン(Wes Craven)監督の第1作で1984年にデビューしたあと、計8本の映画と2本のスピンオフ番組に登場。ロバート・イングランド(Robert Englund)が演じたフレディは、1980年代に最も有名なホラー映画の殺人鬼となった。

 新作には、プロデューサーのマイケル・ベイ(Michale Bay)、ブラッドリー・フラー(Brad Fuller)、アンドリュー・フォーム(Andrew Form)ら、ハリウッドの重鎮が参加する予定。バラエティによれば、この3人は、『13日の金曜日(Friday the 13th)』のジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees)を題材にした新作も制作する予定で、5月にクランクインするという。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。