2007年03月24日

和泉元彌、18万円払えない!? 石垣島イベント会場代未納

 都内の自宅兼事務所が国税局などに差し押さえられている狂言師の和泉元彌(32)が、今月31日に沖縄・石垣市民会館で予定しているイベント「石垣島狂言の会」の会場使用料が23日までに支払われていないことが同日、分かった。元彌と母・節子さん(64)は予定通りイベントを開催する意向を語ったが、今後は不透明だ。

 石垣市民会館によると、今月31日に同会館の大ホールで予定されている「和泉流宗家による『石垣島狂言の会』」は2月に節子さんが現地を訪れ、イベントの開催を申請。その後、FAXで書面のやりとりをしているが、使用料の入金はなし。会館側から支払いの催促をしているが、連絡が取れない状態だという。

 会館のホームページによると、大ホールの終日使用料は17万9300円。前日までに入金が確認できればイベントの開催は可能だが、最悪「ドタキャン」もあり得る状況に、会館側も「連絡を待つだけ」と困惑気味だ。

 イベントには元彌と姉の三宅藤九郎(34)が出演予定。チケットは一般3000円(前売り2500円)、学生1000円だが、会館で発売しておらず「こちらもチケット販売については把握しておらず、和泉さん側に問い合わせていただくしかない」。問い合わせ先の都内の電話番号は不通の状態で、チケットがどこで入手できるのかは不明だ。

 この日、元彌と節子さんは茨城県内でTBS系「2時っチャオ!」の直撃を受けた。元彌は「舞台人ですから。舞台の上でファンにご心配いただかないようやっていきます」。節子さんも「マイペースでやることをやるだけ。イベントはやります」と語っていた。

 そもそも、節子さんが運営する「和泉宗家」が昨年6月に5年間で約1億5000万円の所得隠しを指摘されたことが今回の騒動の発端。追徴課税は1億円以上と見られ、自宅が差し押さえとなっている。イベント10日前の段階での「未払い」も、厳しい台所事情を物語っているようだ。
(和泉元彌、18万円払えない!? 石垣島イベント会場代未納 livedoor

狂言師がそんなに偉いのか

和泉元彌さんはほんとトラブルが多い人
というかお騒がせな人ですねぇ。
公演のダブルブッキングやドタキャン、
能楽協会から退会命令出されたり、
駐車違反の出頭要請に応じずに逮捕されたり、
所得隠しというか脱税(?)で追徴課税。
そして今度は差し押さえに未納ですか?
ある意味すごい。
これから和泉家はどうなっていくんでしょうかね?

和泉元彌ブログ(日記)
和泉元彌本人の公式サイト
公式サイトで日記書かれています。

2007年03月22日

おもいっきりテレビでみのもんたが居眠り?

3月21日の午後1時半すぎ、日テレの「おもいッきりテレビ」で珍しいシーンを目撃した。司会者のみのもんたが居眠りをしたのだ。

みのもんたは、別のアナウンサーがニュースを読み上げるのを立ったまんまで聞いていたんだけど、うつらうつらした挙句、カクッとなっちゃった。ひな壇に並んでいるゲストがコックリしてしまうことはあっても、メインのキャスターが眠ってしまうのは滅多にない。いいもの見せてもらってラッキー!だった。

今のみのもんたは“視聴率の帝王”と呼ばれ、得意の絶頂にあるんだと思う。でも仕事が多すぎて、“やっつけ仕事”になってしまっているんじゃないか。忙しいのは同情するが、こういうときこそ用心しないといけない。

今週は女性週刊誌でも、女子アナへのセクハラ疑惑が書かれていた。ちょっとしたことからスキマ風が吹いて、あっという間に視聴者の心は離れていってしまうもの。注意したほうがいい。

彼は、テレビ的な話芸では文句なしの第一人者。それだけにファンを失わないように、きちんとした姿勢で臨んでほしい。

(【横澤彪のチャンネルGメン69】見〜いちゃった! みのもんたの「居眠り」 livedoor



居眠り?Σ(゚Å゚´)
立ったまま居眠りってすごいね〜。
やはり、仕事いれすぎじゃないんですか?
それにしても居眠りしてると見てみたかったなぁ(笑)

久本雅美のテレビ出まくりは選挙と関係あり?

 熱心な創価学会員として知られる久本雅美(46)が活発な“活動”をしている。

 久本の芸歴は20年以上なのに、これまで雑誌や新聞の単独インタビューは十数本しか受けてこなかった。ところが、最近になって女性ファッション誌やスポーツ紙、夕刊紙などのインタビューに立て続けに登場した。また、3日放送の特別ドラマ「ママが料理をつくる理由」(フジテレビ)で広末涼子とダブル主演し、15日放送の特別ドラマ「ミヤコ蝶々ものがたり」(テレビ朝日)では主演を務めた。週8本のレギュラー番組を持つ久本が露出をさらに増やそうとしているように見えるのだが……。

「来月は統一地方選、7月には参院選があります。昨年、公明党と支持母体の創価学会は人事を刷新し、共にこれまでよりも池田大作名誉会長に近い体制を築きました。だから、来る選挙では票と議席の上積みが至上命題といわれています。そこで創価学会の芸術部副部長の肩書を持ち、学会の“広告塔”を務める久本の出番というわけです。彼女が露出を増やすことで、学会員が知人や友人に公明党への投票を依頼しやすいようにしようと考えているのだと思います」(学会ウオッチャー)

 これからは、久本以外の芸能人信者の露出も増えそうだ。
(久本雅美のテレビ出まくりは選挙と関係あり? livedoor



創価学会員として有名なんですか?
知らなかった(゚ω゚ )ヘェー

夏川純は26歳 ブログで「年齢3歳サバ読み」認める

グラビアアイドルとして人気の、タレントの夏川純さんが2007年3月22日、自身のブログで本当の年齢が26歳であることを明かした。これまで夏川さんはプロフィールを1983年生まれの23歳としていたが、実際は3歳サバを読んでいたことになる。

夏川純さんはブログを更新し、年齢の「詐称」について次のように明かした。

「いつも応援してくれてありがとうございます。今、一部メディアで私の年齢につきまして色々な報道がされていますが、お騒がせして、申し訳ありません。私の本当の年は1980年9月19日生まれの26歳です。今まで3歳若く発表していました」
東京スポーツが、「年齢5歳も詐称」と報道
夏川さんの年齢については、07年2月27日付けの東京スポーツが、「年齢5歳も詐称」などと報じていた。これを受け、夏川さんは3月11日のTBS系のバラエティ番組「アッコにおまかせ!」で、「年齢詐称」を全面否定。「私、23歳でございます。ほんとに」「(干支は)猪です」「ほんとに、ほんとに23歳です」などと発言していた。
夏川さんは「年齢詐称」の理由について、

「理由についてですが、今の事務所に移った時、スタッフと相談して名前も変え、生まれ変わったつもりになり、又、10代の方々に応援してもらいたい気持ちが強く、19歳ということにしてしまいました。早く皆様に本当の事を言おうと思っていましたが、かえって周りの多くの方々に迷惑がかかるといけないと毎日悩んで、今日まで来てしまいました。本当にすみませんでした」
とブログで語っている。

J-CASTニュースは夏川さんが所属する事務所に取材を試みたが担当者は不在。しかし、事務所側もブログでの夏川さんの「告白」を既に把握していた。実際、夏川さんの所属事務所などのプロフィールに掲載されていた生年月日はすべて「S55年9月19日」に差し替えられている。
夏川さんは「今日から26歳の夏川純として再出発したいと思います」としている。
(夏川純は26歳 ブログで「年齢3歳サバ読み」認める livedoor



夏川純さんのブログ見てきました。
確かにそう書いてました。
年齢詐称しているんでは?に全面否定してからの
実は…っていうのは
ちょっとイメージダウンかもしれないね。
でも仕方ないのかも。

夏川純日記
Natsujunの日記

亡き母への想い込め コブクロ・新曲「蕾」

 コブクロの新曲「蕾(つぼみ)」が21日、発売。19日に終了したフジテレビ系ドラマ「東京タワー」の主題歌で、小渕健太郎が亡くなった母への想(おも)いや、ふるさとの情景を思い返してつづった作品だ。(安田幸弘)

 宮崎にある小渕の実家の目の前には長い桜並木が続いている。小さいころ、桜が満開の時期に、よく母と一緒に歩いた思い出の一本道。「こっぱずかしいんですけど、ものすごく覚えているんですよ、その光景」

 18歳で地元を離れて半年後、母が亡くなった。「なんで…」。二度と会えないと思うと、前向きな気持ちになれなかったという。次の春、小渕は桜並木を独りで歩いた。もうすぐ花を咲かせようとするつぼみが母とだぶってみえた。「強く生きなきゃ」

 消化しきれない悲しみと、前に進もうとする力強さ。10代最後の、そうした「リアルに心の中にあるバックボーン」をもとに「東京タワー」の主題歌を作詞作曲した。原作者のリリー・フランキーの体験と「驚くほど似ている」が、「同じ体験があってもなくても、この曲を聴いて自分を見つめ直したり、そんなきっかけになればいいなあと思います」。

 ドラマの主題歌を担うのは、「ここにしか咲かない花」「桜」「君という名の翼」に次いでシングル4作連続。ただ、何が受け入れられるのか?という意識はまったくないという。「むしろ逆戻りしていますね。道ばたで、ただ衝動だけで歌っていたころに」(小渕)

 大阪でともにストリート・ライブをしていた小渕と黒田俊介がコブクロを結成し、メジャーデビューしたのは平成13年。スターダムを駆け上がったが、「メジャーデビューしてから『目の前に見えない人たちにどんな風に歌を届ければいいんだろう』と戸惑った時期もあった」と黒田は打ち明ける。

 経験を重ね、少しずつ意識も変わってきた。「まずは、ぼくらがいい曲だなあと思うものを聴いてもらおうと。発信する者が一番感動しないとそれをだれかに伝えることはできへんのかなあという気がしますよね」

 昨年9月発売のベスト盤は、今年に入っても売れ続け、今月200万枚を突破した。だが、2人に浮足立った風は見られない。

 「もうこれ以上、曲を書かれへんって思うまで僕らはずーっとつぼみなんです」と小渕はいう。飾らない。気負わない。そんな2人の素直な歌声が今年も全国に響き渡ろうとしている。
(亡き母への想い込め コブクロ・新曲「蕾」 iza



コブクロ、蕾のPV見ました。
影絵がすごく素敵だった〜☆
手であんな風に動物の影作ったりできるんですね♪


■ブログ内関連記事
コブクロ、2006年で最も売れたアルバム

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。