2007年03月11日

石原真理子ストーカー行為で服役していた

石原真理子ストーカー行為で服役していた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070311-00000024-nks-ent
 自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版、自ら監督を務めて映画化するなど、芸能活動を活発化させている女優石原真理子(43)が、アメリカで過去2回もの逮捕歴があることが10日、分かった。好意を抱いた外国人ミュージシャン2人にストーカー行為を働いた罪で、2度目の逮捕後は125日間も服役した。石原はこの日、ファクスで「誤解が誤解を生んだ不幸な出来事」と釈明。11日に会見を開き、直接弁明する予定だ。
 自叙伝で過去の男性遍歴を暴露し、その著書を自分の手で映画化−。日本での芸能活動を再開した元祖“プッツン女優”の石原が、過去に米国で2回も逮捕されていたことを、自ら明らかにした。
 石原は芸能活動を休業し、95年に米留学。96年に外国人ミュージシャンのAさんと知り合い、好意を抱くようになった。石原はAさんに、何通も手紙を書いて送ったという。これが、ストーカー行為とみなされ、逮捕された。石原は同年3月24日、フロリダの裁判所から18カ月の保護観察処分と、255ドルの訴訟費用を請求されている。
 2回目の逮捕は03年。ラスベガスでAさんと再会し、Aさんとバンド仲間だったというBさんを紹介された。石原は、今度はBさんに好意を寄せるようになった。
 その後、石原はBさんからもストーカー行為を受けたと訴えられ、同年5月14日、ラスベガスの裁判所で125日間服役との判決を受けた。石原は実刑判決に従い、ロサンゼルス郊外の刑務所に服役したという。
 逮捕歴が突然発覚したのは、11日予定の石原監督映画現場取材が、9日になって急きょ中止されたことがきっかけだった。関係者によると、13日発売の一部週刊誌が、石原の過去の逮捕歴について石原側に取材をかけたことから、混乱を避けるため11日の現場取材を中止したという。
 石原はこの日、芸能リポーター梨元勝氏の取材に「AさんとBさんは一緒にバンドを組んでいた友人。2人がどんな連絡を取り合っていたのかは分かりませんが…」と、困惑しながらも逮捕歴を認めた。
 さらに、石原はこの日、弁明ファクスを送信し「あのころの私は、日本での(芸能活動中の)ダメージから立ち直っていなかった」「誤解が誤解を生んだ不幸な出来事」などとつづっている。

ふぞろいな秘密

石原真理子さん逮捕歴があったんですね。

しかもストーカー行為で…

でもなぜ今頃こんな話が浮上してきたんでしょうね?

■ブログ内関連記事
自ら監督石原真理子「ふぞろいな秘密」映画化

紀香効果?陣内智則DVD売上倍増、「なるトモ!」枠拡大...

紀香効果!?で売上倍増!陣内智則DVD第2弾が22位にランクイン!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000043-oric-ent
 3/12付オリコン総合DVDランキング22位に初登場してきたのは、先日、女優・藤原紀香との結婚で話題となった陣内智則の『NETA JIN 2』。タイトルどおり、昨年11月にルミネtheよしもとで行われた単独ライブでのネタを収録したもので、映像や音声を巧みに使った陣内流一人コント作品だ( 作品及び結婚式の写真はこちら )。

 昨年11月の交際報道から先月の結婚式と一気にワイドショーの常連タレントとなり、知名度も上昇したことも手伝ってか、04年8月発売の『NETA JIN』では初登場50位(売上約2,200枚)だったのに対し、今回は2倍以上の約5,000枚を1週間で売り上げて22位にランクイン。

 さらなる紀香効果は続くか。今後の動向にも注目。


紀香効果?陣内「なるトモ!」枠拡大
 タレント・陣内智則(33)が司会を務める読売テレビ「なるトモ!」(関西ローカル、月〜金前9・55)の前に関連番組「もうすぐ なるトモ!(仮)」(関西ローカル、月〜金前9・36)が5月7日から始まることが9日、明らかになった。実質的な枠拡大で、女優・藤原紀香(35)との結婚で陣内の注目度が急上昇したことが番組枠にも反映された形だ。同局担当者は「5月30日の(陣内&紀香の)披露宴に向けて番組の注目度もさらに高まるだろうし、編成の起爆剤とすべく立ち上げた」と説明。出演者や内容は調整中だという。

NETA JIN 2

DVDの売り上げ倍増に番組拡大ですか?

藤原紀香さんとの結婚が影響?すごいなぁ。

今急上昇って感じですかね?

『なるトモ!』見たことありますが、
けっこう面白かったので番組拡大しても全然OKだと
思いますけどね。

■ブログ内関連ニュース
紀香と陣内 笑顔で挙式

宇多田ヒカルと別れた紀里谷和明はこれからどうする?

宇多田ヒカルと別れた紀里谷和明はこれからどうする?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000003-gen-ent
 電撃離婚した宇多田ヒカル(24)と紀里谷和明(38)。この結婚でトクをしたのはどっちだったのか。
「紀里谷は宇多田と結婚した時点で、もう十分すぎるほどの恩恵を受けた。離婚しても悔いはまったくないでしょう」(芸能リポーター)
 当初、紀里谷は無名カメラマンだった。宇多田と結婚したのが02年。これで一躍、脚光を浴び、04年には映画製作という夢も実現させた。
 紀里谷の初監督作品「CASSHERN」の製作費は、新人のデビュー作としては異例の6億円だ。宇多田が主題歌を歌って全面的にバックアップし、映画は10億円以上のヒット。配給元の松竹は早い段階で続編の製作をブチ上げた。紀里谷は新進気鋭の監督としてマスコミにもてはやされ、肩書も無名カメラマンから「映像作家」に格上げされた。
 もっとも、この映画の評判は芳しくなかった。賞といえば、その年の最低映画を選出する「文春きいちご賞」でワースト2位を受賞したくらいで……。
「すでに紀里谷は次回作の準備を進めているようです。ただ、『CASSHERN』の続編ではなく、配給元もまだ決まっていない。全米公開の話もどうなったのかわからないし……」(映画関係者)
 宇多田と別れ、今後は紀里谷の“実力”が問われることになる。宇多田との結婚が生涯最大の仕事だったなんて言われないように頑張って欲しい。

 

知らなかったんですが
紀里谷 和明さんって名前本名じゃないんですね。
本名は岩下和裕って名前だそうです。

映像の世界では有名な人だとばかり思ってたんですが
違うみたいですね。
(勝手な思い込みですが(´∀`;)ゞ)

結婚が生涯最大の仕事なんて思われないように
これからのが勝負ってことですね。

これからの活躍に期待☆

●宇多田ヒカル・紀里谷 和明関連ニュース
宇多田ヒカル「離婚」で囁かれる“夫婦”の異性関係
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000001-gen-ent

■ブログ内関連記事
宇多田ヒカル離婚

亀田一家ついに賞味期限切れ?

亀田一家ついに賞味期限切れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000002-gen-ent
“一家”の賞味期限が切れかかっている。亀田家に近い関係者が、ため息交じりにこう漏らすのだ。
「“亀田”の2文字が飽きられ始めているようです。長男・興毅は今月24日のノンタイトル戦以降の試合放送のスケジュールが決まっていません。一家の密着特集を試合前にタレ流し、試合後はジャイアンみたいに歌を熱唱というワンパターンの放送に視聴者がウンザリしているのが一因といわれています。亀田の周辺は、今後、対戦相手を見つけてきても、テレビ局が“視聴率が稼げない”ことを理由に生放送しないのではないか、と危惧しています。なのに、父・史郎氏はのんきにパチンコ三昧の日々だからね。このままだと亀田家はドン詰まりですよ」
 実際、興毅には昨年8月のランダエタ戦で平均視聴率42.4%をはじき出したような勢いはない。昨年12月の再戦は30.1%と10ポイント以上も視聴率がダウンした。興毅の個人スポンサーはクモの子を散らすように離れ、残っているのは2社だけ。中継してきたTBSも“予防線”を張っていて、8月には興毅戦を2時間30分も生中継したのに、12月は2時間に減らしている。今月24日の放送は1時間にまで大幅に短縮される。
 二男・大毅もピンチだ。今年の亀田家の“初陣”となった2月23日のビッキー・タフミル戦は3回KO勝ちしたものの、肝心の興行は散々。キャパ6000人の会場は7〜8割程度しか埋まらなかったといい、TBSが翌日に録画放送した番組の平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とイマイチ。
「24日の興毅戦が分岐点になると思います。もし、平均視聴率が20%を切るような事態になれば、TBSも興行関係者も亀田一家を見放すのではないか」(格闘技ライター)
 亀田一家が“お払い箱”になる日が近づいている。

 

確かに亀田三兄弟に興味が薄れているかも

世間はきびし〜いですな(>_<)

「亀田三兄弟」「亀田三兄弟」って言われているから
てっきり兄弟3人だけだと思ったら妹さんも
いるとは知らなかった〜。

亀田4きょうだいだったわけですね。

2007年03月10日

内村光良と徳永有美夫婦に離婚危機説浮上

内村光良と徳永有美の離婚危機説
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000002-gen-ent
「やっぱりあの夫婦はダメなのか」――周囲からこんな声が上がっている。内村光良(42)とテレビ朝日のアナウンサーだった徳永有美(31)である。

 もともと2人は不倫の関係だった。徳永の夫はテレ朝のディレクターで、不倫がバレた時は局内が大騒ぎになり、彼女は朝のワイドショーのキャスターを降板。夫と離婚して紆余(うよ)曲折の末に2年前に内村とゴールインした。

 そんな2人に離婚の危機が叫ばれているのは徳永が“職探し”を始めているからだという。

「徳永はこの2年は専業主婦として内村を支えてきました。ところが最近、彼女がテレ朝の知り合いに“仕事を探している”と相談しにきたというのです。結婚後の内村は仕事が激減し生活が苦しくなっているという見方をする人もいるけど、妻には家庭を守ってほしいと言っていた内村が徳永の“復帰”を簡単に認めるはずがない。それに芸能界では妻が仕事への復帰を言い出した時は少なからず離婚と関係しているというのが常識だからね」(マスコミ関係者)

 内村は“女子アナキラー”として有名で、徳永と結婚する前は八木亜希子下平さやかと交際したモテ男。ここにきて浮気の虫が騒ぎ出したという情報もある。

 そもそも内村は徳永との結婚をためらった時期もあったという。

「当初、不倫だったことで内村はテレ朝に多大な迷惑をかけたため、結婚して責任を取ったとみられている。本心では結婚に乗り気じゃなかったのではないか」(放送関係者)

 最近の内村はレギュラーがゼロ。収入は単発の特番だけだ。徳永は自分が選んだ相手が落ち目のタレントだったことにがっかりしているのかもしれない。このピンチをなんとか切り抜けてほしいのだが。



 

人気女子アナ公式ファイル

ウッチャン結婚してたんだった

すっかり忘れてました(・_・ゞ

不倫ですごく騒がれていたのは覚えてるんだけど、

結婚したっていうのは
なんか印象が薄かったような気がします。

離婚しちゃうのかな?どうなんだろう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。