2007年02月16日

給食、実は1食あたり900円

 給食費の平均は小学校で月額3900円、1食当たり約230円になることが15日、文部科学省がまとめた平成17年度の学校給食調査の結果でわかった。ただ、これは食材費だけの金額で調理員の人件費や調理施設の整備費などは含まれていない。これらを含めると実際には1食900円程度になるとみられ、お父さんの昼食代より高い?!

 文科省の調査によると、全国の小学校の給食費(月額)は、完全給食(主食、副食、牛乳)の場合、低学年が3923円、中学年3942円、高学年3952円、中学校4501円。一般には11カ月分を集めるので、平均年間給食回数188回で割ると、1食当たり小学校高学年で約230円となる。

 学校給食法で保護者への負担は食材のみと規定されており、調理員らの給与、設備費などは自治体が負担。東京都文京区の場合は、区内全小中学校31校で給食を行っており、調理は20校で民間業者に委託している。

 区の平成18年度予算は、白衣や食器などの維持費が約3750万円▽釜や洗浄機などの備品代が1750万円▽消毒代などが850万円▽20校の外部委託費が3億7900万円▽11校の区職員の調理員77人と栄養士の給与などが6億4000万円−で計10億8000万円近くが支出されている。区教委では給与や外部委託費は「平均的な額」としており、これらを1食当たりにすると約650円かかっていることになる。

 さらに「給食だけ分割して計算できない」(同区教委)光熱費などや人事管理費なども加わる。

 一方、金融サービスのGEマネーが調べた18年のサラリーマンの昼食代は平均650円。前年より10円下がっている。

 文部科学省では「給食は栄養や衛生管理をしっかりしており、食育など教育効果もあるので理解してほしい」と話している。
(パパより豪華!?給食、実は1食あたり900円 人件・設備費含め izaより引用)

えぇ〜そんなにかかってるの?

お店だったらそんなにとれないよね

無駄がたくさんあるんじゃないかと思ってしまうのは私だけでしょうか?

関連ニュース
給食、実は1食あたり900円 人件・設備費…パパより豪華!?(Yahooニュース)



学力をつける食事

タグ:給食費

2007年02月15日

花粉症グッズ、今季は「予防」と「見た目」重視

 本格的な花粉症シーズンを迎え、百貨店の高島屋は14日、対策グッズを集めたコーナーを東京店(東京・日本橋)に設置した。今年は飛散量が少なめと予想されており、室内に入った花粉が舞い上がるのを防ぐ加湿器など「予防にシフトした品ぞろえ」(同社)を重視している。
 花粉を屋内に持ち込まないためのブラシは、効率よく花粉除去ができる極細のヤギの毛を使った。症状悪化を防ぐための加湿器や空気清浄機を多く取りそろえている。
 花粉症グッズは「おしゃれな見た目も求められている」(担当者)ことから、花粉の侵入防止用のサングラスはグレーや茶色を用意。加湿器では、インテリアのような棒状のデザインの商品を打ち出している。
 コーナーは27日まで約200点を展開する。
(花粉症グッズ、今季は「予防」と「見た目」重視 izaより引用)

そろそろ花粉の季節ですね↓↓

そんなに症状はひどくないけどこの時期はつらいな

目はしょぼしょぼするし、鼻もムズムズするし…

よく鼻もかむようになるから鼻が赤くなるわ、皮めくれるわ

鼻もかむの痛くなるしねそんな時はやっぱネピアの超鼻セレブ使うと違うのかな?

花粉対策グッズだんだんよくなってきてますよね

サングラスやマスクもおしゃれになれば格好のこと気にせずつけられていいですよね(^-^)v




花粉症と3分でサヨナラ

花粉症ここまで分かった!ここまで治る!!

2007年02月10日

寝ない子は太りやすい ノースウエスタン大調査

≪睡眠が1時間少ないと体重が2・27キロ増える計算≫

 年に応じた十分な睡眠をとっていない子どもは太りやすいことを示す調査結果を、ノースウエスタン大(イリノイ州エバンストン)の研究者らが発表した。睡眠不足はホルモンに作用して空腹感を招くことがすでに他の研究で示されている。

 ノースウエスタン大の研究者らは、5年前の身体測定結果が保存されていた当時3−12歳の子ども1400人の最近の身長、体重を調べ、同時にそれぞれの両親に、子どもの起床・就寝時間を記入してもらった。

 国立睡眠財団は理想的な睡眠時間を、就学前児童は11−13時間、5−12歳は10−11時間、十代は9時間としている。調査の対象となった子どもたちの多くは十分な睡眠をとっておらず、10歳の平均は9・5時間、14歳の平均は8・5時間、17歳の平均は8時間だった。

 調査では、3−8歳の子どもで平均10時間の睡眠(幼児には少ない)のものは36%が中学生となるまでに太りすぎとなったが、11時間の睡眠のものでは30%にとどまるなど、睡眠時間と太りすぎの関連性が観察された。

 調査にあたったノースウエスタン大のエミリー・スネルさんによると、おおざっぱにいえば、睡眠が1時間少ないと体重が5ポンド(2・27キロ)増える計算。スネルさんは「学校や保育園に行くため午前6、7時に起きる子どもが多いので、午後8時には寝かせる必要がある」と話している。
 (ワシントン=ナンシー・ヘルミック)
(寝ない子は太りやすい ノースウエスタン大調査 izaより引用)

睡眠不足はホルモンに作用して空腹感を招くんですね、知らなかった

午後8時に寝かせたらそれ以降は寝てるわけだから食べ物食べませんよね

ホルモンも関係してるかもしれないけど、そういうことも関係してないのかな?





 

赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法(2)
子どもを伸ばす「眠り」の力


タグ:睡眠 子供 肥満

2007年02月08日

えっ?ゴキブリで火事?意外な火元にご用心

 牛すじ煮込み、天ぷら油の廃油、水晶玉、吸盤、果てはゴキブリまで…。実は火災につながりかねない意外な原因たちだ。冬場は特に注意を要するものもあり、「念には念を」入れることが大切だ。(森浩)

■牛すじ肉から火
 寒いこの時期にありがたいのが煮込み料理。ところが、「こんなところからでも火災につながるので警戒してほしい」と警鐘を鳴らすのは神戸市消防局予防課の桂敏美さん。

 桂さんが指摘するのは、ビーフシチューや豚汁などの肉の煮込み料理だ。特に脂身の多い牛すじ肉を煮込んでいる際に火災につながるケースがあるという。

 煮込み料理は「長時間火にかけて柔らかくしなくては」という意識もあり、火をつけたままその場を離れることが多い。「すると、水分が蒸発し切ってしまって“空だき”状態になってしまう。そして、熱された肉の脂身から火が出るのです」と桂さんは解説する。

 この“煮込み料理火災”は、神戸市内だけでも年間10件以上を数える。留守中に出火して激しく燃え上がり、天ぷら油の火災よりも大きな火災につながることもあるようだ。空だき状態にすることは避けたい。

 また、油処理シートを使って油を吸わせ、捨てた天ぷら油から火が出た事例も報告されている。市販の廃油処理シートなどを使って油を吸い取る際、冷えたままだと粘り気があって鍋から除去しにくい。加熱して取り除きやすくして吸い取らせた後、ゴミ箱に放置すると、「実験だと数時間で燃え上がってしまう」(桂さん)。

 クッキングペーパーに染みこんだ油が空気に触れると徐々に酸化し、その時に発生した熱が蓄積され高温状態になるからだ。油が高温であればあるほど、酸化しやすいという。処理する際は油を加熱せず、低温で吸い取ることが大切だ。

■お守りの吸盤も
 秋から春先にかけて起こりやすいのが、「収斂(しゅうれん)火災」。太陽光が、身近なもので屈折したり反射したりして、1点に集中して火事につながる。虫眼鏡で太陽光を集めて紙に集めると火が出るのと同じ仕組みだ。集中した点の温度は数百度にも達するという。

 東京消防庁によると、都内で一昨年に起きた収斂火災8件のうち、7件が秋から冬にかけて発生している。「収斂火災の場合、発生の原因は日がさしこむ角度が問題になる」と指摘するのは、東京消防庁広報課。太陽の高度が低い冬の方が、日の光が室内に入りやすくなることから、発生件数の増加につながるとみられている。

 発生の原因となる“物体”はさまざまだ。ステンレス製のボウルや凸面鏡に始まり、ペットボトルや水晶玉が日光を集めてしまった例もある。

 昨年、福岡県内では乗用車の窓に付けていたお守りの吸盤が原因とみられる出火があるなど、収斂火災の原因は想像を超えると言っても過言ではない。

 東京消防庁では「日の当たりそうな場所にレンズの役割をしそうなものは置かないようにしてほしい」と呼びかけている。

■ゴキブリまで…
 見るのもいやなゴキブリだが、なんと火災につながった例もある。ゴキブリやゴキブリのふんが原因でショートしてしまい、火災につながるのだ。例えば東京都内では、壁の電気コンセントに入り込んだゴキブリが原因で火災に至った事例がある。

 東京都生活文化局によると、コンセントの中に生息していたチャバネゴキブリのふんや死骸(しがい)が炭化し、それが原因でショートして火が出てしまい、コンセント近くに置いてあった衣類に燃え移って火災につながったという。

 「ゴキブリは、寒くなると電気製品、特に冷蔵庫の裏や底部など熱がこもる部位に何十匹とかたまっていることも多い。見つけ次第駆除することが大切です」(神戸市消防本部の桂さん)
(牛すじ、水晶、ゴキブリも…意外な火元にご注意 izaより引用)

ゴキブリと吸盤は以外でした

あと家の中に差し込んだ日光で火事になるのもびっくりですね

ペットボトルや水晶玉が光を集めるのはまだわかりますが

ステンレス製のボウルなんて思いもよりませんね

火事は恐いので気をつけないといけないですね(´-`)



火災防止グッズ
冷凍庫が火を噴いた

2007年01月14日

ウコンパワーで「減量」「関節炎」「アルツハイマー病」「がん」に効く?

 専門誌「関節炎とリウマチ」に、カレーに含まれるウコンの効能に関する研究結果が発表された。カンザス大の研究者ジャネット・ファンクさんらが、関節炎を起こすよう育てたマウスにウコンを注射したところ、症状がまったくでなかった。

 ミルウォーキー郊外に住むダーシー・ジェーンさん(55)は、野菜たっぷりカレーが中心のインド料理教室に通い、週1、2回、インド料理を食すようにしたところ、悩みだった関節の炎症、はれがなくなった。ジェーンさんは夜中に空腹感を覚えなくなり、90キロに近かった体重の23キロの減量に成功したという。

 カレーのスパイスの1つであるウコンにはこのほか、さまざまな効用があると指摘されており、その1つにアルツハイマー病の予防がある。カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究者グレゴリー・コールさんは「インド人のアルツハイマー病リスクは米国人の4分の1」と指摘する。

 また、テキサス大アンダーソンがんセンターのバラット・アガーワルさんの動物実験では、ウコンの色素のクルクミンが乳がんの転移を防いだ。疫学調査では、ウコンが前立腺(せん)や大腸がんの予防にも効果があることが示されている。

 コールさんら専門家によると、ウコンがどのように体に働きかけるのかは分からないことが多く、解明にはなお時間と多額の研究資金が必要。(キャスリーン・ファッケルマン)
(カレーの恐るべき効用「減量」「関節炎」「アルツハイマー病」「がん」…ウコンは万能? izaより引用)

ウコンダイエット流行るかもね(笑)




ウコンドリンク
ウコン茶
ウコン粒

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。