2010年02月27日

キムタクも絶賛アメーラ

キムタクも絶賛していたフルツトマト・アメーラ



≪キムタク大絶賛≫フルーツトマトの最高峰【アメーラ】1ケース

笑っていいともの「知らなきゃ恥ずかしい最新ワード」
でも出題されていましたよね

まだ食べたことないけど
甘さを活かしてソースなんかにすれば
洒落た料理ができるかも☆

2009年03月10日

限定販売シルクヱビス

ビール昔はほんと苦手だったんですが
ある日突然ビールのうまさに気づきました(笑)
あの苦味がなんともいえません(>Д<)つ日

限定販売で白ビール”シルクエビス”発売
まだ飲んでないんですけど、飲みたいですね
シルクエビスというだけあって絹のような口当たりだとか
エビスビールおいしいですもんね。



シルクヱビス

2007年10月29日

11月15日解禁、ボジョレ・ヌーボー

ボジョレ・ヌーボーといえば赤ワインというイメージ
(私だけ?)ですが
今年はロゼがひそかに人気があるそうです。

ボジョレ・ヌーボーのロゼ飲んだことないです。
今年はボジョレ・ヌーボーのロゼ飲んでみようかな?





ボジョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)といえば赤ワインだが、今年はロゼがひそかな人気だという。フランスのワイン醸造業者団体ボージョレーワイン委員会(Inter Beaujolais)が24日、発表した。

 フランス国内外ですっかりおなじみとなったボジョレ・ヌーボーの今年の解禁日は11月15日。例年にくらべ、今年はロゼの出荷予定量が急増したという。

 同委員会の広報担当者によると、ロゼのボジョレ・ヌーボーへの需要が高まったのは日本からだという。日本は世界最大のボジョレ・ヌーボー消費国で、2006年には史上最多となる1100万本を輸入した。一般的にはビールや日本酒の消費量がワインを上回るが、ボジョレ・ヌーボーは季節ものとして、一流レストランだけでなくコンビニエンスストアでも扱われるほどの人気だ。

「フランスでもロゼが流行していて、ワイン市場でも珍しい成長部門となっている。そのため今年はロゼのボジョレ・ヌーボーに挑戦した」(広報担当者)

 赤ワインと同じガメイというブドウ品種を使ったロゼワイン約40万本が出荷される。それでも赤ワインの5000万本に比べたら大河の一滴に過ぎない。

 2006年のボジョレ・ヌーボーは、日本を筆頭にドイツで320万本、米国で280万本など、約半数が国外に輸出された。

2007年10月04日

ピンクカレーって??

みなさんはカレー好きですか?
私はカレー好きです♪おいしい〜☆

カレーがすきなら
どんなカレーが好きですか?
ビーフカレー、シーフードカレー、野菜カレーなど
まぁ色々ありますよね。

最近知ったのですが、ピンクのカレーがあるそうなんです。
ピンクカレーの正体はなんと…

”さくらんぼ”

工エェェェ━━━Σ(○・Д・○)━━━ェェェエエエ工
って思いませんでした?
私もびっくりでした。



さくらんぼカレーの画像みましたが
色がほんとにピンク色です。
しかもさくらんぼの実入り。
どんな味がするんでしょうね?

さらにびっくり”ら・ふらんすカレー
っていうのもあります。



私は見ていないんですが
TVでも紹介されたことあるそうです。

2007年08月05日

4000年前のビール“復刻”

約4000年前のエジプトで飲まれていた
古代ビールの“復刻版”が今月中旬、いよいよ販売されるらしい。

黄桜(京都市伏見区)と京都大、早稲田大が共同開発した
ホワイトナイル」という名前のビール。
当時の原料とされる古代エジプトでアルコール飲料の原料に
用いられていた「エンマー小麦」の量産に成功し、
商品化されたそうです。
これまでの「ホワイトナイル」は通常の小麦
(近縁種の「デュラム小麦」で代用していたそうです)
を使って「古代風」の商品を販売してしたそうです。

ホワイトナイルって飲んだことないですが
4000年前のエジプトで飲まれていたビールって
どんな味がするのか飲んでみたいですね。

発売したら買って飲んでみたい♪
できれば前のホワイトナイルと今度発売されるホワイトナイル
味比べというのもやってみたいな。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。