2007年01月18日

下に落ちて3秒以内に拾えばOK 不二家であった??トンデモない「ルール」

不二家は2007年1月16日、前日の記者会見で明らかにした同社埼玉工場での18件の消費期限切れおよび賞味期限切れ原料の使用について、その詳細を記した調査報告を発表した。消費期限切れの原料の使用は07年1月5日まで行われたことなどがあらたに明らかになったが、不適切な原料の使用は日常的に行われていた模様で、ここへきて「床落し3秒ルール」なるものがあった、とする報道も一部で出始めた。

不二家が発表した調査報告によれば、埼玉工場で行われた原料の不適切な使用(消費期限切れ・賞味期限切れ原料の使用)は、判明している限りで18件あり、最新のもので07年1月5日に消費期限切れの原料の使用があった。同社は06年11月に消費期限切れの原料の使用が判明し、管理体制の徹底を指示していたと説明していたが、調査報告により、ごく最近まで不適切な原料の使用が行われていたことが明らかになった。

不二家広報は「初めて聞きました」
また、不適切な原料の使用のほかに「3秒ルール」があったとする証言も出てきている。
2007年1月17日に放送されたフジテレビの報道番組「とくダネ!」では、倉庫で仕分け作業を担当していた従業員とされる人物の証言を紹介。それは、

「(商品が)落っこちて、3秒以内に戻せばOKと(いう状態だった)」
といい、床などに落ちた菓子も商品として消費者に提供していたとするものだった。

「3秒ルール」は食べ物などが落ちた時に、3秒以内に拾えば、衛生的に問題ないとする(子供がよく使う)論法のことで、もちろん論理的な根拠は全くといって良いほどない。「3秒ルール」が存在していたとすれば、同社の衛生管理体制が厳しく追及されるのは必至だ。
不二家広報は、J-CASTニュースの取材に対し、

「(「3秒ルール」について)そういう事実があったということは現在までに確認されていません。初めて聞きました」
と答えている。
(下に落ちて3秒以内に拾えばOK 不二家であった??トンデモない「ルール」 livedoorより引用)

工エエェェ(′Д`i|!)それ最悪…

なんか恐ろしいね。




問われる食の安全性

2007年01月15日

受験ウカール 企業儲カール 合格応援食品が続々

大学入試シーズン本番を告げる大学入試センター試験が20、21の両日、全国735会場で実施される。埼玉、栃木の両県では14日、一部の中学校で入試が行われた。「ガンバレ受験生」と声援を送るのは身内だけかと思いきや、食品メーカーも「受験生応援」と銘打った菓子やカップめん、レトルトカレーといった商品を続々と発売している。
 「合格」「受かる」など縁起のよい言葉を連想させる名前を商品に付け、包装に「頑張れ!受験生」「合格応援」といった文句を印刷。ほとんどが、年末から入学試験が本格化する2月にかけての期間限定商品だ。

 ■お守りがわり

 ブームのきっかけとなったのは、ネスレコンフェクショナリー(神戸市)のチョコレート「キットカット」といわれる。
 「キットカット」の響きが、博多弁の「きっと勝つとぉ(きっと勝つよ)」に似ていることから、九州の受験生がお守りとして購入するようになり、口コミで全国に広がったそうだ。
 ネスレは3年前から受験生向けの期間限定商品を販売。昨年の入試では受験生の3人に1人が試験会場に持参したという市場調査もあるという。今シーズンも「サクラサク」を商品名に取り入れたキットカットを売り出している。

 ■お菓子2倍

 スナック菓子「カール」を長年販売している明治製菓も、6年前から「受かる」に語呂を合わせた「ウカール」を発売。最初の3年間はあまり売れなかったが、その後人気が出てきた。
 他のメーカーも次々と参入。菓子だけでなく、カップめんやカレーなどに広がっている。業界関係者によると、受験生応援をうたう商品は、菓子だけでも今シーズン70点に上り、昨季の2倍に増えるとみられる。
 「DHA入り合格ちくわ」を3年前から売っているのはマルハ。脳によいとされるドコサヘキサエン酸(DHA)を配合。ちくわ一つ一つに「合格」の焼き印を入れ、夜食や試験日の弁当のおかずとして人気だ。
 このほか今季の商戦では日清食品やエースコックがカップめん、丸大食品がレトルトカレーを売り出した。
 東京都内に住む40歳代の会社員は「受験生の子供がいつもぴりぴりしている。でも商品名について雑談する時には表情が和らぐ」と話しており、神経が張り詰めている受験生や家族にとって息抜き効果があるようだ。
(受験ウカール 企業儲カール 合格応援食品が続々 izaより引用)

受験生だったら買ってるかも(笑)




●ウカール

  

●受験生応援ギフトセット

受験合格祈願関連

2006年12月15日

クリスピー・クリーム・ドーナツ

米ドーナツチェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ(KKD)」の日本での1号店が15日、東京・新宿の「新宿サザンテラス」にオープンする。砂糖をコーティングした「オリジナル・グレーズド」(150円)はサクッとした食感が人気。午後11時まで営業し、仕事帰りにも立ち寄れる。1937年に米ノースカロライナ州で創業したKKDは世界10カ国に約400店舗を展開。日本でも「ミスタードーナツ」など既存チェーンとの競争が激化しそうだ。
(クリスピー・クリーム・ドーナツが日本上陸 新宿に15日オープン izaより引用)

ここのドーナッツはとろけるらしいです。

早く私の近くにもオープンしないかな?食べてみた〜い!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。