2007年04月16日

広がる黄砂被害

前にテレビでやっていたのを見たのですが
黄砂がひどい時はほんとに視界が悪いんですね
重度汚染になると呼吸器疾患や肺損傷を引き起こすために
外出禁止がなるのもうなずけます。

そんな黄砂が広範囲で被害を及ぼしているそうです。
中国北部で急速に砂漠化が進んでおり、
砂漠が広がったことでこれまで見られなかった凶暴な砂嵐を
引き起こし、それが黄砂をより遠く、
より大量に拡散させているのが原因だとみられています。

黄砂とともにさらに問題が…
中国北部は発電所や鉄鋼製造所、化学工場などが集中して
建造されたため、工場から排出される大気汚染源も同時に
黄砂とともに拡散することに…

環境問題は深刻ですね。
特に中国は人口が多いので汚染度合も
規模が大きそうですよね。
これから色んな問題が出てきそうですね。

ここまでわかった「黄砂」の正体

 【上海=前田徹】日本や韓国を覆った黄砂がはるか南方の上海とその周辺にも襲来し、史上初の重度汚染に見舞われていたことが上海中心気象台の観測データからわかった。重度汚染とは呼吸器疾患や肺損傷を引き起こすため外出禁止が勧告される状態を指している。北京など中国北部では黄砂は強風被害や視界不良が注視されてきたが、急速な工業化にともなう大気汚染と砂漠化が原因の気候変動が連動する環境破壊としてクローズアップされつつある。
(大気汚染でブーメラン現象…黄砂が上海を襲撃 izaより引用)


2007年03月28日

肥満問題深刻

 ■連日、“0.1トン族”を運搬

 体重220キロにも対応できる救急車、重い患者を動かすリフトマン−。欧米の医療現場で、超重量級患者への対応が相次いでいる。近年の肥満人口の増加ぶりは急激で、医療費の負担増を招くばかりでなく、交通機関の燃料消費も増え、排出される二酸化炭素の増加で環境にも負担がかかる。もはや肥満は個人の健康問題にとどまらず、社会問題ともなりつつある。

 欧米における肥満の増加は深刻だ。世界保健機関(WHO)によると、肥満の指標であるBMI(体重÷身長÷身長)数値が30以上の肥満人口は、1995年から2000年の間に世界で2億人から3億人以上に増加した。人口に占める肥満者の割合(大人の場合)は米国で30・5%、英国で22・14%、オーストラリアは16・4%。日本(3・1%)や中国(2・9%)などアジア諸国に比べると、その数字は際だって高い。
 肥満人口の増加に悩む米フロリダ州の病院では、重い患者を運ぶため、男性6人による特別リフトチームが結成された。体重約150キロを超える入院患者は、20年前は年に1人いるかどうかだったが、このところは毎日のように運ばれてくるという。

 一方、豪州のサウスオーストラリア州では、今月、引っ越しトラックのような大型救急車を導入した。体重110キロを超える患者は8年前は年間10人ほどに過ぎなかったが、いまでは100人近くに上る。ニューサウスウェールズ州でも最近、救急車の担架積載能力を180キロから220キロに強化した。同州では、大型救急車の出動回数が過去3年で2倍以上も増えたといい、救急ヘリコプターも、重い患者を搬送できる機材に変更する予定だ。大型救急車の導入は、英国などでも相次いでいる。
 肥満患者に対応できる救急車は1台約3000万円。行政側の負担も大きい。米国では肥満に関連した医療費支出が年間約750億ドル、うち約400億ドルが税金でまかなわれている。

 米国人の場合、1990年代に平均4・5キロ体重が増えたために旅客機の燃料消費を押し上げ、年間380万トンの余分な二酸化炭素を排出しているとのデータもある。英国では旅客機で太った乗客の隣に乗り合わせたために身動きが取れず、血液が凝縮し筋肉を切断する手術を受けたケースまで報告されている。
 WHOは「肥満は最も目に見えていながら最も放置されている公共的な健康問題だ」と警告している。(坂本英彰)
(人口の3割が肥満…欧米では大型救急車フル稼働 izaより引用)

あんまり太りすぎると自分だけの問題じゃなくなるんですね。

『太った乗客の隣に乗り合わせたために身動きが取れず、
血液が凝縮し筋肉を切断する手術を受けた…』
エェ━━Σ(・Å・´*)))━━!!!
世の中信じられないことが起きますね…。

欧米の3割がそんなに太ってしまうって
どういうことが原因なんでしょうかね?



2007年01月17日

Wiiほしさに水ガブ飲みで水中毒死

 【ロサンゼルス支局】米カリフォルニア州サクラメントで先週、地元FMラジオ局主催の「水のガブ飲み大会」に参加した28歳の3児の母が「水中毒」で死亡していたことが明らかになった。子供たちのために、優勝賞品の家庭用ゲーム機、任天堂「Wii」を獲得しようとして悲劇に遭った。

 死亡したのはサクラメント郊外に住むジェニファー・ストレンジさん。AP通信によると、12日に行われた大会は、排泄(はいせつ)せずにどれだけ大量の水を飲めるかを競った。参加者は2分間で240ミリリットル入りのボトルを飲み干し、10分間の休憩の後、次のボトルが渡された。

 ストレンジさんは2位で惜しくも優勝を逃したが、少なくとも8本以上は飲んでいたとみられる。帰宅途中に頭痛を訴え、その数時間後、自宅で遺体で見つかった。

 米紙ロサンゼルス・タイムズによると、郡検死官が死因と断定した「水中毒」は、過剰な水分摂取により血中のナトリウムが薄まることで起こる。脳が膨張し頭蓋骨(ずがいこつ)を圧迫、発作を引き起こし、時には死に至る。2002年にマラソン大会に出場した女性2人が相次いで死亡したことを契機に危険性が知られるようになった。

 ストレンジさんは他の参加者に子供たちの写真を見せ、「子供たちのために賞品を獲得したい」と話していたという。
(Wiiほしさ…3児の母「ガブ飲み大会」で水中毒死 izaより引用)

こんなことってあるんですね。

水中毒って初めて聞きました。

水を一気に飲みすぎるとダメなんですね。




精神科における病的多飲水・水中毒のとらえ方と看護

水あそびのニューコンセプト

2007年01月15日

NYでもやせすぎモデル避ける動きが広がる

 やせ過ぎのファッションモデルを避ける動きが、世界にトレンドを発信するニューヨークにも広がったようだ。

 2月2日からニューヨークで開かれる秋物コレクションのファッションショーを前に、米国ファッションデザイナー協会(CFDA)は12日、モデルに健康的な生活を促す指針を発表した。世界をリードするニューヨークのファッション界が「健康美」の価値観を重視する姿勢を見せ始めている。

 世界のファッション業界では昨年9月、スペインのマドリードのショーが、やせ過ぎのモデルの出演を拒否して以降、イタリアのミラノのほか、ブラジルやアルゼンチンで、やせ過ぎモデルを排除する動きが広がった。

 細身のモデルにあこがれる十代の若者が「やせなければならない」という強迫観念にとらわれて過度なダイエットに走り、健康を害するのを防ぐためだ。

 広がる規制に、ニューヨークのファッション業界内では当初、「ファッションは規制されるべきではない」「やせ過ぎモデルの排除は差別だ」といった反発の声が出ていた。

 しかし、昨年11月、21歳のブラジル人モデルが拒食症に起因する感染症で死亡。やせ過ぎモデルに対する国際的な批判が強まり、米国のデザイナーらも対応を協議していた。

 こうした背景から、12日に発表された指針は強制的な拘束力を持たず、注意を喚起し、啓蒙(けいもう)を図る内容となっている。

 AP通信などによると、指針の内容は次の通りだ。

 ・16歳以下の少女のショーへの起用を見送り、18歳以下のモデルに夜半過ぎの写真撮影などの仕事をさせない。
 ・拒食症や過食症など摂食障害の兆候を早期に知ることができるよう啓蒙を図る。
 ・摂食障害のモデルには専門家が対応する。
 ・摂食障害の原因や影響に関する勉強会を開き、喫煙による疾病などの注意を喚起する。
 ・ショーの間、楽屋で健康的な食事を提供し、禁煙・禁酒とする
(「健康美」NYから世界へ やせ過ぎ…モデルに指針 izaより引用)

確かに体を壊せすようなやせ方はどうかなと思うけど。

今まで痩せてる方がいいみたいな傾向にしといてそりゃないよ

って思ってるんじゃないかな?モデルさんは。



綺麗なからだ作り365日のヒント

2007年01月08日

米で初認可 犬用やせ薬

 愛犬が「家族も同然」という飼い主にとって、さまざまな病気につながる愛犬の肥満は大きな悩みだが、そんな飼い主たちに朗報が。米食品医薬品局(FDA=Food and Drug Administration)が5日、犬用のやせ薬を初めて認可した。
 FDAが認可したやせ薬は、「スレントロール」。犬の食欲を減退させると同時に、脂肪の吸収を抑える効果のある処方薬。世界最大規模の米製薬会社、ファイザーが開発した。肥満による糖尿病や心臓疾患の予防効果が期待される。
 ただ、副作用として、嘔吐(おうと)、下痢、倦怠(けんたい)感などの症状が起きる恐れもある。このため処方には獣医師の許可が必要となる見通しで、ファイザーは3カ月間の服用を勧めている。
 FDAによると、全米の飼い犬のうち、適正体重の120%以上に太った「肥満犬」は約5%、そこまでは達しないものの、「太りすぎ」とされる犬は20〜30%を占め、実に3分の1の飼い犬が肥満体質にあるとされている。
(実は3分の1が太りすぎです 犬用やせ薬、米で初認可 izaより引用)

さすが、肥満大国アメリカ(*´∀`)ノノ"" パチパチ♪

わんちゃんのやせ薬がでるとはねぇ〜。

でも犬の場合って飼い主が食べさせなきゃいいだけの話では?食べさせるだけ食べさせといて太ったから痩せさせなきゃいけないから薬使うってのはどうかなって思う。

もしやこの痩せ薬を飲めば…ムフフ…

なんて考えたあなた(えっ?考えてないって?)

これはワンちゃん用ですからね、人間は服用禁止!!ですよ。

そーいえば、日本でもカロリーや脂肪分を抑えたペットフードが出回ってますね。

わんちゃんも大変だ。







肥満ペット関連

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。