2008年07月15日

仕事をしながらウオーキング、「ウオークステーション」はデスクワーカーの健康維持に貢献するか

アメリカの企業で社員の体力維持と医療費の削減がを狙い
コンピューターで仕事をしながらウオーキングができる
「ウオークステーション(Walkstation)」なる運動器具を
導入する企業が増えているとか。

確かにデスクワークはほぼ動かないですもんね。
仕事しながらウォーキングは
ちょっと辛そうな気がするんですけどね。

1台の価格は4500ドル(約48万円)で、
1週間に30-40台が売れるんだそうです。

会社としてはこの値段で医療費の削減できれば
しめたものですよね。


2008年07月10日

ヘルプ!友人が30時間もしゃべり続けて帰らない!?

そんなことってあるんですね〜。

ドイツでの話ですが
48歳の女性宅を訪問した「友人」が30時間ぶっ通しで
話をし続け、耐えきれなくなった女性が
消防当局および警察に「救助」を要請する騒ぎがあったそうです。

なんで消防当局および警察なのかと思ったら
救急車は到着したけど救急隊員はこの友人を外に連れ出すこと
を拒否したので仕方なく女性は警察に通報して
警察官が友人を家まで送っていったということらしいです。

30時間もよくもまぁしゃべり続けましたね。
わたし体力ないので30時間も体もちません。
たぶんわたしだったら寝てますね(笑)

仮に寝ててもこの友人はしゃべり続けてたかもしれませんね。

人間ってそんなにしゃべり続けられるもんなんですね。
ちょっと驚きです。


タグ:ドイツ

2008年06月28日

バイリンガルは話す言語によって別人になる?

バイリンガル2つの言語が話せていいなぁ
って思うけど

前に新聞で書いてあったのを読んだんだけど
そう甘くはないらしいです。
当たり前のように言語を操っているように見えてますが
努力しているんですね。

バイリンガルは話す言語によって別人になる
らしいです、アメリカの研究でそういう結果がでたみたい。

2つの文化で育った人々は、双方の文化や言語にかかわる
別個の「認識枠」を持っており、枠ごとに価値観、行動、
世界観、自己認識なども異なることが明らかになった。



なんかわかる気がします。
日本人もなんか英語しゃべってるとき妙にテンション
高くないですか?
なんか別人になってません?
あんな感じなんじゃないんでしょうかね?


2008年06月24日

ネット競売にかけられた豪男性の「人生」の価格、2億円を突破

「自分の人生に嫌気が差した」と
英国出身でオーストラリアのパースに住む
元カーペット販売業者のイアン・アッシャー(Ian Usher)さんが
人生を競売にかけたことで話題になりましたよね。
金額はなんと2億円を突破したそうです。

けっこうな値がつきましたね。

「自分の人生に嫌気が差した」からって
競売にかけようっていう発想はないですねぇ。
発想は自体は面白いなぁって思うけど
実際本当に競売にかけるんだからすごいですよね。

ある意味おもいっきりがいいというかなんというかf(^-^:

全部売ちゃって、次何するかはもう決まっているんでしょうかね?
なんかそのへんはまたニュースになるのかな?
ちょっと気になりますね☆

落札した人とアッシャーさんの友人って
仲良くなれるんでしょうかね?
というか紹介された友人はとまどわないのかな?
落札者が決まったらそっちも気になりますね(笑)



2008年06月23日

女子高生18人が「協定」結び一斉に妊娠?

このニュース驚きですね。

アメリカ東部マサチューセッツ州の人口約3万人の住む
漁師町グロスターというところで、
同じ高校に通う女子生徒18人が妊娠したそうです。
一緒に出産・子育てを協力しようと「妊娠協定」を結んでいたとか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000038-mai-int&kz=int

出産や子育てを協力しあおうっていうのは
いいことだと思うんですが
妊娠した女子生徒は全員16歳以下というのが
ちょっとというかだいぶ?問題なんじゃないかなぁって
思うんですけどあせあせ(飛び散る汗)

しかも父親の一人は24歳のホームレスの男性だとか
それでこの男性と一緒に子育てしていくんでしょうかね?

ここの学校って妊娠しても学校が通いやすいように
そういう施設とかがあるそうなので
子育てしやすい環境だとは思うんですけど。

親とかの話は出てきていないようですが
親はどう思っているんでしょうね?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。