2007年02月27日

田中康夫前知事を任意聴取 公文書破棄の幇助容疑

 長野県の田中康夫前知事が公文書破棄などをめぐって3件で告発されている問題で、県警が今月中旬、田中前知事を公文書等毀棄ほう助の疑いで、任意聴取していたことが26日、分かった。前知事は容疑を否認したとみられる。県警は、捜査結果の書類を近く長野地検に送付する。

 告発は、田中前知事が現職だった平成15年4月ごろの入札制度改革見直しのやり取りを記した公文書をめぐるもの。告発状では、同年10月に報道機関が情報公開請求をした際、県職員がこの公文書を破棄したと指摘。前知事については、「破棄するという報告をメールで受けているのに止めず、文書破棄をしやすくした」としている。
 この問題は、17年7月に設置された長野県議会の調査特別委員会(百条委)が調査。18年3月、委員を務めた17人のうち有志12人が県警に告発していた。県警の聴取は2日間にかけ、東京都内で行われたという。
 これとは別に田中前知事は、百条委に出頭した際に偽証したとして、昨年3月に県議会議長から、地方自治法違反(偽証)罪2件でも長野地検に告発されている。
(田中康夫前知事を任意聴取 公文書破棄の幇助容疑 izaより引用)

公文書破棄の幇助容疑で告発されてたんですね。

ちょっとびっくりでした。

中では色々あるんでしょうね。

くろ〜いものが渦巻いてるんでしょうかね?


教科書が教えられない政治学
役所は変わる。もしあなたが望むなら


●関連ニュース
田中前知事を書類送検へ=公文書破棄問題、聴取も−長野県警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000069-jij-soci

2007年02月24日

赤ちゃんポストの設置あなたはどう思いますか?

■熊本の病院 厚労省「違法といえない」
 親が育てられない新生児を匿名でも受け入れる「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)が計画している問題で、厚生労働省は22日、熊本市に対し、「直ちに違法とは言い切れない」との見解を示した。これを受けて、病院から施設の構造変更許可を求められていた市は、近く変更を許可するとみられ、全国初の赤ちゃんポストが誕生する見込み。赤ちゃんポストをめぐっては「育児放棄を助長する」「命を救うためやむを得ない」など賛否両論があり、論議を呼びそうだ。

 慈恵病院には県外の複数の病院から照会があるといい、今後、同様のポスト設置が全国に拡大する可能性もある。

 厚労省と市の協議内容は、ポストに子供を置く行為が(1)児童虐待防止法の「保護者が監護を著しく怠る行為」(ネグレクト)にあたるか(2)公的機関での相談を義務づけた児童福祉法に違反しないか(3)妊娠の届け出義務などを定めた母子保健法に違反しないか(4)設置は違法行為を助長する「公序良俗に反する行為」にあたるか(5)児童虐待防止法などの立法趣旨に反しないか(6)新たな立法措置が必要か−の6項目。

 厚労省は「ポストに子供を置く行為は認め難いが、違法性があるとは言い切れない」とした。 厚労省の辻哲夫事務次官は「現実問題として、赤ちゃんが遺棄されて死亡する事件がある。医療法上の観点からは、認めない合理的な理由はない」と述べた。自ら同省を訪れた熊本市の幸山政史市長は、同省から文書で見解を受け取ってから判断する考え。蓮田理事長は「命の尊さを理解してくださったことをうれしく思います」と語った。

 慈恵病院は昨年12月、変更許可を同市保健所に申請。審査は通常、1週間程度で終わるが、市は判断を保留して厚労省と協議していた。
                  ◇
 東京都の委託を受けて、児童相談所へのアドバイスを行っている杏林大医学部の佐藤喜宣教授(法医学)の話「日本でも各地で赤ちゃんポストが設置されるべきだ。保護責任者遺棄罪は子供を捨ててはいけないという法律だが、母子を救うという概念がない。嬰児(えいじ)殺は虐待の最たるものだが、ポストがあれば、『育てられない』と追い詰められた母親も、あとで冷静になれる。母親を罪人にしないために一番良い方法だ。誰にも言えずに悩んでいる未婚母やその子供を助けることができる」
                  ◇
【用語解説】赤ちゃんポスト
 ドイツのキリスト教系社団法人が2000に設置し、70カ所以上に広がっている。慈恵病院の計画名は「こうのとりのゆりかご」で、外壁に縦45センチ、横65センチの扉を付け、温度を36度に保った内部の医療機器に赤ちゃんを預けられるようにする。赤ちゃんが置かれると、重さでセンサーが感知し、院内にブザーで知らせる。監視カメラは付けない。
(育てられない新生児受け入れ「赤ちゃんポスト」誕生へ izaより引用)

難しい問題ですね( ̄〜 ̄;)

虐待されている子供の保護施設とかっていっぱいいっぱいなんですよね?

そういう施設とかってちゃんと作られていくんでしょうか?

そいういうところがちょっと心配。

命救ってしらんぷりだけはやめてほしいものですね(*´ -`)


子育て関連


■関連ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000138-mai-pol

2007年02月08日

長野県が「脱ダム」転換 「穴あきダム」建設へ

 長野県の村井仁知事は8日、田中康夫前知事の「脱ダム」宣言でダム建設計画が中止された浅川(長野市〜小布施町)の治水対策について、旧計画よりも規模を縮小し、「穴あき」ダムを建設すると発表した。昨年8月の知事選で落選した田中前知事の脱ダム方針は事実上、転換された。

 穴あきダムは、ダム本体の底部に穴を開けて水が流れるようにし、増水したときだけ水をためる構造。従来のダムより環境への負荷が小さいとされる。県はダム建設を盛り込んだ河川整備計画の詳細を決めて国に申請。9月にも認可を得て、20年度の予算化を目指す。ダム本体の建設費は約100億円を見込む。

 田中前知事が平成13年2月に打ち出した「コンクリート製のダムをできうる限り造らない」とする脱ダム宣言により、ダムの新規建設はストップしていた。

 村井知事は会見で、「あくまでも、流域住民の生命と財産の安全を守るということに重点を置いた」と、ダム建設に踏み切る理由を説明した。
(長野県が「脱ダム」転換 「穴あきダム」建設へ izaより引用)

早速、ダム建設するんですね

長野県にとってダムは必要なものなんでしょうか?

本当に必要ならいいんですけどね




 

田中康夫関連
脱ダム問題

2007年02月06日

知名度よし!そのまんま効果165億円

 宮崎県は5日、東国原(ひがしこくばる)英夫(そのまんま東)知事が就任から1週間に行ったテレビ出演で、CM広告費に換算すると約165億円の経済波及効果を生んだという試算を明らかにした。広告大手の電通に依頼して算出したもので、同知事は「鳥インフルエンザの風評被害対策に邁進(まいしん)させてもらった結果だ」と話す。
 ただ、県内3カ所で高病原性鳥インフルエンザが連続して発生し、ピーク時には県内で生産される鶏の2割近くが移動禁止となった。県は「現段階で経済的ダメージは計算し切れない」としており、著名知事誕生ばかりを手放しで喜べないのが現状だ。
 県内で盛んなプロ野球キャンプなどの経済効果が約117億円とされることから、県秘書広報課は「県産品PRなどで知事を十分に活用したい」。同課によると、就任した1月23日から29日までに、知事が出演したのは計182番組の約22時間。新聞、テレビ、雑誌などからの取材申し込みも約70件あった。
 東国原知事は5日、県などが主催する若山牧水賞の授賞式に出席。あいさつで受賞者、俵万智さんの代表作「サラダ記念日」に触れ、「宮崎は鳥インフルエンザで大変だが、次回は『とりから記念日』を作ってほしい」とPRする姿をテレビカメラが一斉に撮影した。
 先月下旬には東京・新宿の県物産館「新宿みやざき館KONNE」で県産品をPRする姿が放映され、同館の地鶏関連商品の売り上げは約5倍に増加。担当者は「客足も3割増。北海道や関西圏などからも問い合わせが増えた」としている。
(そのまんま効果165億円 ただし鳥インフル被害は含まず izaより引用)

165億円ですか?すごいですね〜。

ちょっと気になるのが鳥インフルエンザの被害が含んでないことかな。

だいたいどれくらいの被害総額なんだろう??

ところで、東国原知事は公舎に住むんでしょうかね?

今住んでいる所は夜中にマスコミがインタビューしに来たり、ピンポンダッシュや色々な悪戯行為されているみたいで、周りの住民に迷惑がかかるから公舎に行った方がいいのかな〜なんて言ってますが。
そのまんま日記





そのまんま東へ

2007年02月01日

柳沢伯夫厚生労働相 「子供を産む機械」発言

 柳沢伯夫厚生労働相が「女性は子供を産む機械」と発言した問題で、与党内から31日、辞任論が出るなど、波紋が続いた。安倍晋三首相は参院本会議の代表質問で「多くの女性の心を痛めたことに対し、私も深くおわびする」と述べ、任命権者として陳謝したものの、柳沢氏の辞任は否定した。ただ野党側は国会審議での対決姿勢を強めており、序盤国会の大きな焦点となっている。
 首相は答弁の中で「極めて不適切な発言で、厳重に注意した。柳沢氏は全身全霊を傾けて職務を全うしてもらいたい」と述べ、柳沢氏も「改めて深くおわびする」と陳謝した。いずれも民主党の谷博之氏の質問に答えた。
 ただ7月に参院選を控えた参院自民党側では「辞めるなら早く辞めた方がいい」(幹部)との辞任論が広がりつつある。別の参院幹部も「後は本人の判断だ」と自発的辞任を促した。矢野哲朗参院国対委員長は同日、二階俊博国対委員長と会談し、こうした早期の事態収拾を求める参院側の意向を伝えた。
 これに先立ち、自民党の中川秀直、公明党の北側一雄両幹事長ら与党幹部は都内のホテルで会談し、「職務を全うしてもらう」(二階氏)として辞任の必要はないとの認識で一致。同日午後から始まる衆院予算委員会の審議を予定通り進めることを確認した。
 北側氏は、その後の記者会見で「党内で(柳沢氏の)発言に厳しい意見が多いのは当然だが、それと閣僚辞任とは別の問題だ」と指摘。別の公明党幹部も「辞めて問題が決着するのかどうか。首相の任命責任に波及するのは避けたい」と語るなど、対応をめぐって与党内で溝が生じている。
 一方、民主、社民、共産、国民新の野党4党は31日、国対委員長会談を開き、柳沢氏の辞任を求め、共闘していくことを確認。同日午後の衆院予算委で行われる平成18年度補正予算案の提案理由説明にも応じない方針だが、共産党は審議拒否に同調しない考えを伝えた。
(「子供を産む機械」発言、与党からも辞任論  izaより引用)

昔の感覚でずーといるんでしょうか?

例えが悪すぎ(;-_-)

産むのを頑張らすんじゃなくて産んでもらう環境を作ることが大事なのでは?

少子化が問題っていいながら医師は減ってる、産む施設はない

それに産んだら終わりじゃない

育てることだって必要なのに




大失言

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。