2008年06月19日

連続幼女殺害事件の宮崎死刑囚ら3人、刑執行

この当時のことは知らないんですが
ひどい事件だったんですね。
死刑でもしかたないんじゃないかと思えるくらい
反省も全くしていなかったとか。

4歳から7歳の幼児4人を殺害して、
そのうち数人の遺骨を食べたり
被害者宅に遺骨を送ったりしたんですよね?

ほんと異常な行為ですね。
しかも裁判で死刑が決まったのは長い月日が経ってから
なんでこんなに裁判って時間がかかってしまうんでしょうね?
人を裁くのだから慎重にしなければいけない
とは思いますがあまりにも時間がかかりすぎるというか…

死刑反対や賛成といった意見がいろいろとでるんでしょうね。
こうやっていろいろとでてきて
国民がある程度は納得できるような
法律になっていくといいですよね。

これから裁判員制度も始めることだし

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000097-sph-soci



《宮崎勤》を探して

2008年06月13日

秋葉原殺傷事件、非正規雇用者の実情に広がる懸念

 町村信孝(Nobutaka Machimura)官房長官は「(派遣社員だった加藤智大容疑者の)身分上の不安定さが犯行に駆り立てた理由であったのなら、できるだけ常用雇用化していくという問題意識で考えないといけない」と述べ、事件の背景に非正規雇用の問題があるのか明らかにする必要があるとの認識を示した。


この事件とは関係なくても非正規雇用の問題は
なにか対策をとってほしいですよね。

新聞でたまに特集をやっているのですが
あまりにも扱いがひどいなっと。
そんな環境がいいはずなんてないですよね。
もっと労働者の働く環境を考えるべきなんじゃないかと思います。

加藤智大容疑者が「生活に疲れた」と供述してるんだから
少なからずそのことは影響があったんじゃないかと思う。
だけど、やっぱりそうだからって人を傷つけていい
理由にはならないし、そういうことを許してはいけないと思う。


2008年04月29日

オーストリアで娘を24年間監禁した男を逮捕

オーストリアで24年間も娘を監禁していた男
が逮捕されたそうです。

この事件を知った時はほんとびっくりでした。
テレビを見ていたんですが
テレビ出演者も思わず「え”ぇ〜
って声あげてしまうくらい驚いていました。

だってこの父親性的虐待も加えていて
7人もこどもを産ませているんですよ?
信じられますか?
本当に最低な父親です。

しかもこの父親
突然、この娘がいなくなったらあやしまれるので
娘に家出しますみたいな
手紙もかかせていたらしいです。

そして失踪届けをだしていかにも娘がいなくなった
ことを心配しているかのように
めちゃめちゃ計画的な犯行ですね。

被害者(父親の娘)と子ども5人は現在入院中だそうで
心理学の専門チームが治療を行っているそうです。
精神的に衰弱していて、情緒も不安定だか。

そりゃそうでしょう、24年の監禁と性的虐待ですよ。
どれだけ辛い思いをしたことか。


2008年04月24日

光市母子殺害事件、被告の元少年に死刑判決

光市母子殺害事件の差し戻し控訴審の判決がでましたね

あんな主張が認められなくてよかったなと思いました。
乱暴目的で作業服まできて装って物色していた少年が
ドラえもんが何とかしてくれると思った?
甘えたくて抱きついたら…
とかありえないでしょ。

この判決でたときのテレビ見ていたんですが
「死刑反対派」の人の意見で
2人しか殺していないというようにとれるニュアンス
のコメントをしていました
そして海外では死刑廃止の方向に向かっているのに
と。

このコメント聞いて腹が立ちました。
死刑反対派の意見の人ってなんかおかしいですよね。
(すべての人がそうだとは思いませんが)
たしかに死刑制度もっと考える必要はあると思うんですが
海外が廃止の方向に向いているからとか
殺した人数がどうこうとか
そんな理由の死刑反対は納得いきません。

日本は今やっと被害者側に重点置くようになったんじゃないですか?



山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審の判決公判が22日、広島高裁で開かれ、同裁判所は殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(27)に死刑を言い渡した。

 事件は1999年、元少年が会社員本村洋(Hiroshi Motomura)さん(32)宅に押し入り、妻の本村弥生(Yayoi Motomura)さん(当時23)と長女の夕夏ちゃん(当時11か月)を首を絞めるなどして殺害したもの。同高裁は、弥生さんへの乱暴目的も認定した。

 判決言い渡しに際し、同高裁の楢崎康英(Yasuhide Narazaki)裁判長は、犯行は「冷酷、残虐で非人間的だ」とし、被告は「罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、極刑はやむを得ない」と述べた。

 被告側弁護団は判決を不服として即日上告した。

2008年03月04日

元スーパーモデルが水死体で発見

事故死の可能性が高いそうですが
このニュース見たときは一瞬他殺かなって思ったんですけどね。
パーティーに参加した後に行方不明になっているみたいですから
お酒で酔っ払っていてあやまって川に落ちてしまった
という感じなんでしょうかね?


1か月前から行方不明になっていたギニア人の元スーパーモデルKatoucha Nianeさん(47)が2月28日、パリのセーヌ川(River Seine)で水死体で見つかった。

 Katouchaさんは、1980年代にイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)などのモデルとして活躍、一世を風靡(ふうび)した。

 警察の調べでは、Katouchaさんは2月1日の夜、パーティーに参加した後、行方不明になった。その後Katouchaさんのハンドバッグが、自宅のハウスボート近くで発見されていた。

 警察は28日になって、Katouchaさんに似た女性が、同市西部の橋の下で浮いているのを発見。後にKatouchaさんと確認された。

 司法解剖の結果、Katouchaさんの死因は、「外傷の形跡はなく、短時間で水没したことによる水死」で、事故死の可能性が高いという。

 ギニアの首都コナクリ(Conakry)生まれのKatouchaさんは、モデルとしてのキャリアを確立した後、94年に引退。近年は女性の割礼に反対し、キャンペーン運動を展開して注目を集めていた。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。