2007年04月18日

銃撃された長崎市長が死亡

17日午後7時50分ごろ、長崎市大黒町のJR長崎駅前で、
長崎市の伊藤一長(いっちょう)市長が
背後から近づいてきた男に拳銃で撃たれた男に撃たれ
病院に搬送されて心肺停止状態でしたが、
18日午前2時28分、出血多量のため搬送先の病院で
亡くなられたそうです。

逮捕されたのは長崎市の6代目山口組系水心会会長代行、
城尾哲弥容疑者。
「市長を殺すつもりだった」などと供述しているのだそうだ。

城尾容疑者の乗った車が2003年2月、
長崎市内の道路工事現場で事故を起こした際に
車両保険金が支払われなかったために、
損害保険会社との間でトラブルとなっていたらしい。

この道路工事は市が発注していたために、
市に対しても説明を求めていたが、
市から『わざと事故を起こしたのではないか』
と責任をなすりつけられた
などを言われたことに対して不満を漏らしていたそうで
そのことを市にも抗議していたらしい。

2007年04月16日

三重県北部で震度5強の揺れ

揺れましたねぇ。
けっこう長く揺れていたと思うんですが。
三重県の北部では震度5強だったとか。
最近、色んな場所で地震が起こっていますよね。
大きな地震がくる確率が年々高まってきてる
って言われていますよね。
南海地震は30年以内に50%、50年以内に80%
とか言ってませんでしたっけ?
かなりの確率で大きな地震がくる可能性が
高いってことですよね。
いつどこで起こるかわからないから怖いですね(>_<)

一時、話題になっていたあの問題
『耐震強度偽装問題』
覚えてます?すっかり忘れてませんでした?
これだって地震に大きく関わることだから怖いのに
いつの間にか話題に上らなくなってしまいましたね。

地震に強い家に住みたい

 15日午後0時19分ごろ、中部地方から近畿、北陸などにかけて広い範囲で地震があり、三重県北部の亀山市で震度5強、津、鈴鹿市などで震度5弱を記録した。気象庁によると、震源地は三重県中部で、震源の深さは約16キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.4と推定される。
 亀山市消防本部によると、亀山市のドライブインで天井の板が落下、男女2人がけがをし、病院に搬送された。三重県四日市市では家屋1戸が倒壊したが、けが人はないもよう。
(三重・亀山市で震度5強 首相不在の官邸に連絡室 izaより引用)

2007年01月21日

園児が期限切れ42日のホットケーキを食べ1人が吐き気

 群馬県は20日、高崎市内の私立幼稚園で賞味期限を42日間過ぎた焼き菓子を園児に与えていたと発表した。食べた園児52人のうち、1人が吐き気や下痢などの食中毒症状を訴えた。快方に向かっているという。県は幼稚園に菓子を納入した同市正観寺町の弁当調理施設「まるふじフーズ」(後藤洋社長)を立ち入り調査し、賞味期限の確認を徹底するよう指導した。

 発症者は1人だけで、賞味期限切れの焼き菓子と食中毒症状の因果関係は分かっていない。

 県食品監視課によると、17日の昼食時、同社で自然解凍した冷凍食品の焼き菓子「プチホットケーキ」が園児126人に出された。幼稚園職員が賞味期限(昨年12月6日)を過ぎていることに気付き、回収したが、52人がすでに食べていた。

 同社は県の立ち入り調査に対し、「冷凍食品だから健康への影響はないと考えた」と説明したという。幼稚園は調理施設がなく、同社が届ける弁当などを給食に出している。
(園児に期限切れ42日のホットケーキ 1人が吐き気 izaより引用)

冷凍食品だから大丈夫

はぁ?そんなわけないしょ?

なんのために賞味期限があるんやーヽ(`Д´)ノ"




食中毒への道(悶絶漂白剤編)

2007年01月17日

迷惑メール54億通

 千葉県警は16日、迷惑メール防止法違反の疑いで、東京都豊島区の出会い系サイト運営会社「タクミ通信」社長、広野喜三容疑者(47)=練馬区南田中=と同社役員の男(38)ら計4人を逮捕した。同社は中国経由で約54億通の迷惑メールを送信していた疑いも持たれている。
 県警生活経済課と柏署の調べでは、広野容疑者らは昨年8月17〜29日、自社名を隠して「あなたを希望している女性をご紹介いたします」などと記した内容のメールを、都内の事業団体のアドレスに4回送信した疑い。
 広野容疑者らは、名簿業者から購入した延べ230億件のアドレスリストを利用。送信元が特定されないよう、中国・黒竜江省の事務所に置いた128台のパソコンを遠隔操作して送信元アドレスを偽った上で、昨年7、8月に約54億通の迷惑メールを不特定多数に送信した疑いが持たれている。
(中国経由で「女性をご紹介」迷惑メール54億通 izaより引用)

迷惑メール54億通って?規模デカッ!1Σ(・Å・´*))

あの手この手と色々考えますねぇ。




スパイウェア・迷惑メール完全撃退マニュアル

2007年01月15日

ホームレス老女殺害の2少年、殺意否認の方針

 愛知県岡崎市でホームレスが相次いで襲撃され、無職の花岡美代子さん(69)が殺害された事件で、強盗殺人の非行事実で補導された同市の中学2年の男子生徒2人=ともに(14)=が少年審判で殺意を否認する方針であることが、14日分かった。
 生徒2人は犯行当時は13歳。付添人の弁護士に「(暴行後に)まだ動いていて死ぬことはないと思った」などと説明。弁護士は「非行事実は強盗致死に当たる」としている。生徒2人はこれまでの岡崎署捜査本部の調べに「(花岡さんが)死んでも構わないと思った」と話しており、捜査本部は「暴行は激しく、強い殺意があった」としている。
 弁護士が生徒らから聞いたところによると、昨年11月19日未明に花岡さんを襲撃した際、この生徒2人と別の同級生の男子生徒(14)=強盗殺人容疑で逮捕=は、鉄パイプで手加減しながら腹や足を狙い約5分間暴行した。住所不定、無職、木村邦寛容疑者(28)=同容疑で逮捕=だけが途中からくわのようなもので顔などを本気で殴り始めたという。
 その後、花岡さんを近くの川の浅瀬に落としたが顔は沈んでおらず、はって後ずさるように動いたため「死ぬことはない」と判断したという。
 また生徒の1人は「人を殴ることに興味があった。ホームレスは汚いし、身内もいないから何をやってもいいと思った」と弁護士に説明。一方で一連の襲撃を止められなかった理由について「(非行グループの中で)仲間として扱われるよう必死だった」と話している。
(ホームレス老女殺害の2少年、殺意否認の方針 izaより引用)

そこまでしといて殺すつもりはなかったって?

同じ事されたらきっと思うよ、殺されるかもしれないって。

相手がどんなに痛かったか…どんなに怖かったかをわかるべきだと思う。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。