2007年01月21日

あるある納豆ダイエット効果データのねつ造

 関西テレビ放送(大阪市)は20日、納豆のダイエット効果を取り上げた7日放送の情報番組「発掘!あるある大事典II」で、実際には行っていない実験データを放送し、効果を誇張していたと発表した。

 同社は「納豆にダイエット効果があるという学説があるのは事実。どうして実際と異なる放送を行ったかは現在調査中」としている。

 同番組の放送直後から全国で納豆の品切れが相次いでいた。

 同社は調査委員会を立ち上げ、原因究明を急ぐ。21日の番組放送は休止する。

 千草宗一郎社長はデータのねつ造を認め「視聴者の皆さまの信頼を裏切ることとなり誠に申し訳ない。2度とないよう対策を講じる所存です」と謝罪した。

 同社によると、「中性脂肪値が正常値になった」などと放送した被験者の数値測定は実際には行っておらず、朝に納豆を2パックまとめて食べた場合と、朝晩に分けて食べた場合の血液比較検査結果も架空だった。

 また米テンプル大のアーサー・ショーツ教授が「(ダイエット効果のある)DHEAを増やす食材がある」などと発言していないのに日本語訳コメントを勝手に付けた。

 さらに、被験者がやせたことを示す比較写真は無関係の写真だった。

 12日に一部報道機関から取材があり、調査して不正が発覚した。
(納豆ダイエット効果…実は架空だった「あるある大事典」 izaより引用)

データのねつ造はいかんでしょう。

もうネタ切れなのかな?





2007年01月12日

あるあるで納豆品薄

 「納豆がダイエットに効く」と、フジテレビ系バラエティー番組「発掘!あるある大事典II」が紹介したところ、全国のスーパーや小売店で納豆の売り切れが続出。メーカーが品薄について新聞に「おわび広告」を掲載する異常人気となっている。

 7日放送分で、納豆に含まれるイソフラボンが体内の特定のホルモンを増やし、ダイエット効果を生むとする説を紹介したところ、直後から納豆を買い求める若い女性らが店に殺到。あっという間に店頭から姿を消した。

 メーカー各社は増産を急ぐ一方、タカノフーズ(茨城県小美玉市)やミツカン(愛知県半田市)は、11日朝刊に品薄や品切れに関するおわび広告を掲載した。業界にとって「品薄」はうれしい悲鳴だが、「お客さまに迷惑をかけてばかりはいられない」とメーカー側は複雑な表情だ。

 イソフラボンは骨粗しょう症などの予防が期待される一方、過剰摂取による発がんの危険性も指摘されているのでご注意を…。
(「あるある〜」で納豆「ないない」おわび広告掲載 izaより引用)

納豆が品薄?あるある効果すごいね〜。

朝晩納豆を1パック食べると2週間で体重が減るらしいです。

体重減るなら試してみたいけど納豆が食べれましぇん。(いきなり挫折 笑)



発掘あるある大事典関連

納豆関連

2007年01月04日

捨て犬から奇跡の転身

 捨て犬から奇跡の転身−。山林で拾われ、あと数日で処分される運命だった1匹の犬が、飼い主の愛情と訓練士の厳しいしつけを通して「災害救助犬」として“生きる道”を見つけ出した。昨年7月には長野県で発生した土石流災害の現場に派遣されるまでに成長した。新たな使命を胸に今年も訓練に励んでいる。(星直樹)

 ■処分まで数日
 犬の名はジェニファー。ジャーマンシェパードのメスで、推定6歳。平成14年1月に神奈川県愛川町の山中で保護され、処分まで2、3日のところで、神奈川県藤沢市の歯科医、伊野千恵子さん(64)が引き取った。
 飼い始めは苦労の連続だった。捨てられた恐怖感から、人に飛びかかったり、ちょっとした物音にもほえ、近隣から苦情の手紙が届いたりするほどの暴れん坊だった。優しい表情を取り戻そうと、伊野さんは自らのしつけのほかに、ドッグスクールにも預けた。ここでジェニファーは、担当訓練士の松元律子さん(34)が「捨てられていた犬とは思えない」と驚くほどの成長をみせた。

 ■隠れた才能
 訓練中、松元さんはジェニファーの「足場の悪い場所を全然怖がらない」という隠れた才能を発見する。震災現場などで活動する災害救助犬に向いていると、伊野さんに勧めた。伊野さんは「危険な現場での活動は死と直面する」と一度は躊躇(ちゅうちょ)したが、「助けられた命で、今度は人の命を救う番かもしれない」と考え直した。

 ■3席に入賞
 16年11月、実力が試される国際救助犬の試験を受けて3席に入賞。昨年10月の同じ試験では、がれきが敷き詰められたアパート内から人を捜し出す難度の高いテストで唯一の合格犬となった。松元さんは「人を捜し出すことに喜びを感じている」と救助犬として高く評価する。

 高い捜索能力と集中力が認められ、これまでに3年続けて神奈川県警の災害救助犬の嘱託を受け、今ではヘリコプターや電車を使った訓練や河川敷での野営訓練などに参加し、万が一に備えている。昨年7月の長野県岡谷市の土石流災害の際には松元さんと現場に駆けつけた。

 「喜々とした表情で訓練している姿を見ると、本当に救助犬にしてよかった」とわが子を見るような表情で伊野さんは話す。伊野さんのあふれる愛情を受けるジェニファーは、助けられたことにこたえるかのように新年早々、今日も訓練に励んでいる。
                   ◇
【用語解説】災害救助犬
 地震や土砂崩れなどの災害現場にいち早く駆けつけ、倒壊家屋のがれきや土砂の下敷きになった人たちを優れた嗅覚(きゅうかく)で迅速に捜し出し救出するために訓練された犬。全国にさまざまな災害救助犬の協会が存在し、独自の認定基準で審査を行い、基準を満たすと救助犬に認定される。自治体や警察、消防と協定を結んだり、嘱託を受けたりして活動する。
(あと数日で処分…捨て犬から奇跡の転身!災害救助犬 izaより引用)

捨てる神あれば拾う神あり

一つのツキがきかっけで大きく事が変わっていくことってあるんですよね。



災害救助犬がんばる

2007年01月02日

トイレ磨いてココロも磨く

 ≪教育新時代、芽生えた奉仕の精神≫ 
 「教育再生」が声高に叫ばれる中、京都市では公立小中学校を中心にトイレ掃除を教育活動の一環として取り入れ、地域ぐるみで心を磨いている。トイレ掃除を通じて、「奉仕の精神」を学ばせるのも目的の一つだ。果たして、子供たちに奉仕の精神は芽生えているのか。“課外授業”の現場を訪れた。(小田博士)

 ■「クサーイ」
 まだ空が薄暗い昨年12月の土曜日の早朝。京都市伏見区の市立向島東中学校(峠達哉校長)の体育館に、紺色のジャージーを着た生徒約40人を含め、教員や保護者、地域住民ら計約130人が集まった。

 「感じることは人それぞれだが、終わってから得るものがある」。峠校長があいさつすると、生徒らは6班に分かれて校内のトイレに散らばった。

 「ウワー」「ヤダー」「クサーイ」…。

 校舎内の男子トイレ。生徒らは一様に戸惑いの表情を浮かべた。嫌悪感を露骨に表す生徒も。

 班長の男性教員は「やれば慣れるよ」と一言。「陶器は紙やすりで磨く。たわしは横向きに持とう。いいね」と助言し清掃活動が始まった。

 小便器の底にある小さな蓋(ふた)を開けると、排水口は黒っぽく汚れていた。ツーンとした強烈なアンモニア臭。教員らが率先して掃除を始めると、ためらいがちだった生徒らも意を決し、紙やすりなどで便器をゴシゴシと磨き始めた。雑談や文句は少なくなり、目つきは鋭さを増す。集中している。気温は一けた台と低い。トイレでは生徒らの息も白かったが、次第に周囲は熱気を帯びてきた。

 ■「楽しかった」
 たわし、スポンジなど大半の掃除道具に柄はない。身を低くして床を磨く。便器にも手を突っ込む。ただ、ゴム手袋を着用したり、専用の防護剤を手に塗ったりすることで、衛生面には配慮がなされている。

 少し離れた廊下では、バケツで用具を洗う女子生徒がボランティアの男性にたずねた。

 女子生徒「(バイト代か)何か出るの?」

 男性「出えへんよ」

 女子生徒「何でこんなことするの?」

 男性「何も出ないのが良いのやないか」

 男性はそれ以上語らなかった。あっと言う間に約1時間半の清掃作業が終わった。トイレは臭(にお)いも消え、隅々までピカピカに。

 参加した2年生の藤井康平さんは「みんなでやったから楽しかった。次回があれ率先してやりたい」。同学年の佐久間夏希さんも「臭いイメージがあったが、抵抗がなくなり、トイレも心もピカピカになった」と笑顔を見せた。

 ■大人がまず手本
 トイレ掃除を通じた「奉仕の精神」の習得の試みはどういう経緯で始まったのか。
 自動車部品小売業「イエローハット」創業者の鍵山秀三郎同社相談役は平成5年、「日本を美しくする会」を設立した。その後、鍵山氏の“掃除哲学”に共感する「掃除に学ぶ会」が全国で続々と立ち上がり、京都市でも新設された。

 17年2月、同市内の教員や保護者らからなる「便きょう会」が発足。毎月第2土曜日に、市内の学校を行脚するようになった。当初は45人だった会員も、今では約150人に増え、同会のトイレ掃除を体験した学校は向島東中で20校目だ。

 便きょう会会長の門川大作・同市教育長は「最初は細々としていたが輪が広がってきた。トイレ掃除は自己研鑽(けんさん)の場。大人が見本を示せば子供も変わる」と教育効果に期待を寄せる。

 同市教委の砂田信夫指導部長も「子供らは『今まで誰が掃除してくれていたのか』と感謝の気持ちを持つようになる」。市民団体「京都掃除に学ぶ会」の山本保弘代表世話人(47)は「身を美しくと書くのが『躾(しつけ)』だ。教員の教育にもなるし、地域と学校が連携する場にもなる。半強制的に行っても良いのではないか」と訴えている。

 「ウザイ(うざったい)」「キモイ(気持ち悪い)」「クサイ」という最近の子供が嫌がる3点を含んだトイレ掃除で奉仕の精神を養う動きは今後も拡大しそうだ。
トイレ磨いて「ウザ・キモ・クサ」の心も磨け izaより引用

トイレはやっぱり綺麗な方が気分がいい(^-^)b

トイレに限らず他の場所でもみんなが気分よくいれる学校にしていってもらいたいです。

2006年12月28日

事故死児童の写真をネット掲載 教諭のPC押収

 交通事故死の児童の写真などを自分のホームページに無断転載していた東京都羽村市の市立小学校の渡辺敏郎教諭(33)が、少女のわいせつ画像を知人に提供するなどしていたとして、警視庁少年育成課が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、東京都あきる野市の渡辺教諭の自宅などを家宅捜索していたことが28日、分かった。警視庁は押収した渡辺教諭のパソコンを分析し、本人から事情を聴くなど刑事責任が問えるか調べる。
 渡辺教諭は自分のサイトに児童のわいせつ画像を掲載したり、知人に電子メールで提供するなどした疑いが持たれている。
 渡辺教諭は平成15年1月ごろから今年11月ごろまでの間、「クラブきっず」というサイトを開設。遺族らのサイトから事故死した児童の写真を転載していたほか、全裸の写真なども掲載し、遺族らが警視庁に侮辱罪と児童買春・ポルノ禁止法違反罪で告訴・告発状を提出していた。
(事故死児童の写真をネット掲載 教諭のPC押収 izaより引用)

こういう人が学校の教師になるのは怖すぎる

もっと子供のこと考えてあげてほしい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。